【低リスク・高利回り】レンディングを使った仮想通貨の高利回り運用を解説!

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

仮想通貨を高利回りで運用したいな。

ガチホしている仮想通貨を有効活用したい!

そんな疑問を解消します。

のり

僕は投資歴15年のサラリーマン投資家です。

仮想通貨のDeFi運用歴は1年。

仮想通貨を高利回りで運用できるDeFiサービスを日々チェックしています。

今回は、仮想通貨を高利回りで運用できる、DeFiの「レンディング」を活用した方法をご紹介します

例えば、ビットコインやイーサリアムなど、長期で保有している仮想通貨をお持ちの方にとてもおすすめの方法です。

時期によっては、10%~20%以上の高利回り運用が可能ですよ。

本記事は、BSCのDeFiサービスをさわったことがある方を想定してまとめました。

DeFiが初めての方は、まずはこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

それでは、詳細です!

コインチェック
目次

【低リスク・高利回り】レンディングを使った仮想通貨の高利回り運用

「レンディング(仮想通貨の貸出サービス)」を使った、仮想通貨の高利回り運用の方法は、バイナンス・スマート・チェーン上のDeFiサービス、「venus(ヴィーナス)」と「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」を使った運用方法です。

ざっくりした概要がこちら。

  1. venusに仮想通貨を貸し出す
  2. venusで「$Cake」を借りる
  3. PancakeSwapの「Auto CAKE」poolに「$Cake」預ける。

それでは、詳細を解説していきますね。

Venusに仮想通貨を貸し出す

まずは、仮想通貨のレンディングプロトコル「venus」に、手持ちの仮想通貨を預けていきます。

メタマスクの設定を、バイナンススマートチェーンにして、venusに接続。

「Supply Market」から、預け入れたい通貨を選択して、「Collateral」にチェックを入れます。

のり

ここでは、イーサリアム(ETH)を預け入れる場合を例にしています。

メタマスクが立ち上がりますので、「ETH」の使用を承認します。

「ETH」を選び、預け入れる数量を入力し、「Supply」を押します。

これで、venusへの「ETH」の預け入れが完了しました!

venusの貸出金利

venusに仮想通貨を貸し出すことで金利がもらえます。

銀行に預けるのと同じですね。仮想通貨を預け入れることで、仮想通貨の種類ごとに異なる利息がつきます。

例えば、「ETH」を預け入れた場合、年利(APY)で1.3%の金利がもらえるんですね。

のり

金利として、「ETH」と、venusのガバナンストークンである「XVS」が付与されます。

貸し出す通貨ごとに、上記の金利の付与率や割合が変わるので、各通貨を選択してチェックしてみてくださいね。

VenusでCAKEを借りる

venusへ仮想通貨の預け入れ」が完了したら、預け入れた通貨を担保として、「$Cake」を借り入れます。

のり

venusでは、預け入れた仮想通貨の時価総額の8割まで借り入れが可能です。

例えば、10万円分のイーサリアムをvenusに預けれいることで、8万円分の仮想通貨の借り入れが可能なんですね。

借り方は、「Borrow Market」のタブを選び、「Cake」を選択。

借り入れる「Cake」の数量を入力し、Borrowを押すことで借り入れ完了です!

上記の例では、Cakeを借りた場合の金利(APY)は、-53.65%。

のり

Cakeを借りることで、とてつもないマイナス金利をくらうことに!!

しかし、ご安心を。

このCakeをさらに利回りが高い場所で運用することで、プラスの利回りが確保できるんですね。

借り入れ利回りは、かなり変動します

さきほどご紹介した例では、Cakeの借り入れは、50%を超えるマイナス金利でした。

しかし、日によっては、下記のように10%以下のマイナス金利の日も….

これは、venus内のCakeの在庫が多いため、借り入れ金利が下がっているんですね。(需要より供給が多い状態)

反対に、Cakeの在庫が枯渇している場合は、貸出金利が100%を超えてくる日も見られます。(供給より需要が多い状態)

このように、金利(APY)の値は、1日の中でも結構変動するので、定期的に金利のチェックをしてみてくださいね。

PancakeSwapの「Auto CAKE」Poolに預ける

次は、最終ステップ。

借り入れた「Cake」をPancakeSwapで運用します。

PancakeSwapへCakeを預け入れると80~100%以上の金利が得られるんですね。

それでは、サクッと預け入れていきましょう。

PancakeSwapへアクセスします。

メニューの「Pools」から「Auto CAKE」を選択。

「Auto CAKE」は、CAKEを自動で複利運用してくれるプールです。

利息で得たCAKEを日々自動で再投資してくれるため、利息を再投資しない「Manual CAKE」と比べると、高利回りなんですね。

Auto Cakeのpoolにある「+」ボタンを押して、Cakeを預け入れ(Stake)すれば完了です。

あとは、自動でCakeの複利運用が行われます!

結局どれくらいの利回りが出せているかというと

感のいい方はピンときているかもしれませんが、Cakeの「venusでの借り入れ金利」と「PancakeSwapへの預け入れ金利」の差を利用して、高利回りで稼ぐことができるんですね。

今回の例では、どれくらいの利回りが出せているかというと

DeFiアプリ 年利(APY)
venus(借り入れ)-53.65%
Auto CAKE pool(預け入れ)91.89%
年利の比較(2021年8月26日時点)
のり

な、なんと…

その差、30%以上!!

つまり、借りたお金(仮想通貨)で、金利30%以上の高利回り運用ができてしまうんですよ。

ここでご紹介した運用方法は、Cakeの値下がりリスクがない(借りているだけです)ため、低リスクで高利回り運用が可能な点が最大のメリットです!!

一方、「venus」や「PancakeSwap」のプロトコルのバグリスクはあります。その点は理解して、ご自身のリスク許容度の範囲で、今回ご紹介した手法を実践してみてくださいね。

また、PancakeSwapのPoolへの預け入れ金利より、venusの貸出金利が高くなる場合もあります。繰り返しになりますが、金利はこまめにチェックしましょう!

まとめ

DeFiのレンディングプロトコル(仮想通貨貸出サービス)を使って、仮想通貨を高利回りで運用する方法を解説しました。

まとめると、こちらの手順です。

  1. venusに仮想通貨を貸し出す
  2. venusで「$Cake」を借りる
  3. PancakeSwapの「Auto CAKE」poolに「$Cake」預ける。

今回は、BSCの「venus」と「 PancakeSwap 」を使った方法を、ご紹介しました。

今回の手法は、上記に限らず、その他のレンディングプロトコルとDeFiサービスに当てはめても、同じように運用可能です。

例えば、「Cream」というレンディングプロトコルで「USDT」を借りて、「DODO」というDEXで「USDT」を預け入れる(Stake)するなんて方法もOK。

応用範囲が広い方法なので、今回の記事を一例に、高利回りな運用先を発見していく楽しみもありますよw

ぜひ、ご自身のリスク許容可能な金額内で、レンディングを使った仮想通貨の運用にチャレンジしてみてくださいね。

以上、レンディングを使った仮想通貨の高利回り運用方法についてでした!

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる