【次世代DeFi】Polygon(Matic)の始め方や使い方を解説!

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

Matic上のDeiサービスに接続するためのやり方(始め方)を教えて。

そんな疑問を解消します。

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するためのプロジェクト「Polygon(旧Matic)」。

2021年に入り、イーサリアムからPolygon上のネットワークにDeFiサービスを展開するアプリが増えてきており、Polygonの人気が高まっています。

本記事では、そんなPolygon上のDeFiサービスの利用方法についてまとめました。

Polygon(Matic)のDeFiサービスを使いたいと考えている方の参考になれば幸いです!

▼DeFiの始め方は、こちらの記事で詳細をまとめていますので、チェックしてみてくださいね▼

コインチェック
目次

【次世代DeFi】Polygonって?

Polygonは、Maticが名前を変えてリブランディングしたDeFiプラットフォームです。

Polygonは、レイヤー2を使ったプロジェクトのため、イーサリアムのセキュリティを持ちながら、手数料(ガス代)が安くてトランザクションスピードが速いのが特徴なんですね。

レイヤー2とは、例えばイーサリアムなどのレイヤー1であるブロックチェーンとは異なるレイヤーを使って取引を実行する方法。

Polygonはレイヤー2を使った技術力が認められ、Coinbase Venturesやバイナンスなどから出資を受けているプロジェクトです。

バイナンスでは、2019年4月にローンチパッド(Launchpad)というトークンセールで、Polygon(旧Matic)トークンの売り出しが過去に行われました。

PolygonはイーサリアムやBSCよりも手数料が安いため、イーサリアム上でDeFiアプリを展開していた「AAVE」や「Sushiswap」、BSC上でDeFiアプリを展開していた$BANANAでおなじみ「Apeswap」などが、Polygonネットワークに参加してきています。

このようにPolygonは、レイヤー2を使ったDeFiプラットフォームプロジェクトの中で、かなり期待されているプロジェクトです。

Polygonに対応するDapps

Polygonには、イーサリアムの主要プロジェクトが展開してきています。

例えば、以下のプロジェクトです。

  • SushiSwap(DEX)
  • 1inch(イールドアグリゲーター)
  • Aave(レンディングプロトコル)
  • Curve finance(ステーブルコインのDEX)

Polygon上のDapps(アプリ)は、こちらのサイトから確認してみてくださいね。

Polygon(Matic)の始め方や使い方

Polygon上でDeFiを始めるために、必要な事前準備をしていきましょう。

以下、2つの事前準備が必要です。

  • MetamaskにPolygon(Matic)ネットワークを設定
  • MaticをPolygonネットワークへ送金

MetamaskにPolygon(Matic)ネットワークを設定

MetamaskへPolygon(Matic)ネットワークを設定するやり方は2つあります。

  • chainlistを使って自動でネットワークを設定
  • 手動入力でネットワークを設定

chainlistを使ってMetamaskを設定

chainlistを使うと、簡単な手順で「Metamask」に「Polygonネットワーク」を自動で設定できます。

のり

chainlistは、polygonの他にも、「BSC」や「Fantom」のネットワーク設定をMetamaskへ反映させることが可能なため、便利ですよ。

まず、chainlistへアクセスします。

検索窓で「matic」と入力。

検索された、「Matic Mainnet」の部分で「connect wallet」を選択します。

のり

「Polygon」では検索されないので注意です。

MetaMaskが立ち上がるので「次へ」を押して、アカウントをChainlistへ接続します。

そして、「Matic Mainnet」の追加を「承認」します。

上図で「すべての詳細の表示」を押すと、追加する下図のようなネットワーク設定の詳細項目を確認できますよ。

以上で設定完了です。簡単ですよね。

Metamaskを立ち上げたときに、「Matic Mainnet」が選択できればOKです。

ネットワーク設定がラクなので、chainlistを使ったpolygon(matic)ネットワークの設定を、まずは試してみることをおすすめします。

手動入力でMetamaskを設定

Metamaskに手動でPolygon(Matic)ネットワークを設定する方法を解説します。

まずMetamaskを立ち上げ、「カスタムRPC設定」を選択します。

ネットワーク設定として、以下の項目を入力します。

  • Network Name: Matic Mainnet
  • New RPC URL: https://rpc-mainnet.matic.network
  • Chain ID: 137
  • Symbol: MATIC
  • Block Explorer URL:https://matic.network/

入力間違いのないように、各項目のコピペをしていきましょう。

バイナンススマートチェーン(BSC)ネットワークをMetaMaskに設定したことがある方であれば、同じ手順なので迷わずできると思います。

PolygonネットワークへMaticを送金

PolygonでDeFiをさわるときに必須となる「MATIC」を準備していきましょう。

polygonでは「MATIC」をgas代として支払う必要があります。

イーサリアムでいう「ETH」、BSCでいう「BNB」の位置づけですね。

PolygonにMATICを送金する方法は、大きく2つあります。

  1. イーサリアムでMATICを買って、Polygonへ送金
  2. バイナンスでMATICを買って、Polygonへ送金

2021年6月現在は、バイナンスからMATICネットワークへの送金が制限されているため、①の方法を説明していきますね。

イーサリアムでMATICを買って、Polygonへ送金

イーサリアムの分散型取引所、「Uniswap」でMATICを購入しておきます。

Sushiswap」でもOKです。

Uniswapのswap

イーサリアム上で「Matic」を手に入れたら、「Matic」をイーサリアムネットワークからMaticネットワークへ送金していきます。

Polygon web wallet」にMetamaskを接続することで、「ETHMaticブリッジ」を使うことができるんですね。

さっそくイーサリアムからMaticネットワークへ「Matic」を送金してみましょう。

Polygon web walletにアクセスし、Metamaskを選んで接続します。

「署名」を選択して「Polygon web wallet」との接続を承認します。

「Polygon Wallet」が開きますので、「Move funds from Ethereum to Polygon」を選択します。

のり

「Polygon Wallet」へはじめて接続すると、特典として0.001MATICがもらえます。

接続してから、少し時間がたってから付与されるため、Polygon Walletをチェックしてみてくださいね。

Metamaskの接続ネットが「イーサリアムメインネット」になっていることを確認してから、以下の処理に進みましょう。

「Polygon Bridge」のページから、通貨の選択欄で「Matic」を選択し、「Transfer」します。

Approve、Continueを押して処理を進めていきます。

Transfer処理の完了から、イーサリアム→Maticネットワークはの送金処理は10分ほどかかるため、気長に待ちましょう。

ちなみに、上記の逆の取引、つまりMaticネットワークからイーサリアムへの送金は3時間以上かかることもあるため、さらに気長に待つ必要ありですよw

Metamaskの接続ネットワークを「Matic Mainnet」に変えて、Maticの着金が確認できれば準備完了です!

Polygon walletでMaticの着金を確認してもOKです。

ここまで、おつかれまさでした。

バイナンスからMaticネットワークへの送金

バイナンスからMaticネットワークへの送金は、2021年6月現在、未対応です。

今回ご紹介したPolygonへの接続方法は、「イーサリアムのDEXでMaticの交換」や「Polygon Walletのチェーン間送金」時にイーサリアムネットワークを使うため、ガス代がかかります。

今後、バイナンスがMaticネットワークへの送金に対応すれば、安く出金が可能となるため要チェックですね。

さいごに

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するためのPolygon(旧Matic)の始め方についてまとめました。

手順通りに進めて頂くと、無事にPolygonで動作するDeFiアプリに接続できるようになると思います。

イーサリアム上でDeFiアプリを展開していた「AAVE」や「Sushiswap」、NFTアプリ、BSC上でDeFiアプリを展開していた$BANANAでおなじみ「Apeswap」、などが、続々とPolygonネットワークの対応を表明しています。

まずは、Polygonの分散型取引所「Quickswap」にアクセスして、通貨の交換やLPトークンの預け入れを試して慣れていくのがおすすめです。

Polygonでは、トランザクション手数料が1円以下と激安のため、今後さらにDeFiアプリが増えていきそう。

今のうちから操作に慣れておくと、今後役立つと思いますのでぜひトライしてみてくださいね。

DeFiは、余裕資金&自己責任でお願いします!

▼DeFiをさわる前に、Polygonで人気となっていたIRON Financeの暴落事件の共有(注意喚起)記事も合わせてどうぞ▼

コインチェック
bitFlyer
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる