【手数料格安】Polygon(ポリゴン)版 OpenSeaでNFTを作成・売買する方法

Polygon NFTの始め方・売買方法まとめ

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

Polygon(ポリゴン)版のOpenSea(オープンシー)を使って、NFTを作成・売買する方法が知りたいなぁ。

そんな疑問を解決します。

のり

僕は投資歴15年のサラリーマン投資家です。

さまざまなNFTプラットフォームを使って、NFTを実際に作ってみたり、売買した経験ありです。

本記事では、Polygonネットワークを使ったOpenSeaでNFTを作成・売買する方法を解説していきます。

イーサリアム版OpenSeaの手数料が高くて嫌気がさしている…なんて方の参考になれば幸いです!

目次

Polygon(ポリゴン)版 OpenSeaでNFTを作成・売買する方法

まずは、イーサリアム版OpenSeaでNFTを発行する準備ができている前提で進めていきますね。

▼イーサリアム版OpenSeaを使う準備がまだの方は、先にこちらの記事をチェックしてください▼

以下が、Polygon版OpenSeaを使ってNFTを発行・売買する方法です。

  1. MetaMaskにPolygonネットワークを設定する
  2. 海外の暗号資産取引所でMaticを購入する
  3. MaticをMetaMaskへ送金する
  4. OpenSeaでNFTを作成・売買する

順に見ていきましょう!

MetaMaskにPolygonネットワークを設定する

Polygonネットワークの設定は、こちらの記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

海外の暗号資産取引所でMaticを購入する

Polygon版OpenSeaを使うためには、海外の暗号資産取引所の口座が必要となります。

なぜなら、Polygonネットワークでは、手数料として「MATIC」が必要だからです。そのため、日本の取引所で取り扱いのない「MATIC」を購入する必要があるんですね。

海外の暗号資産取引所として、最大手のバイナンスの口座を開いておきましょう。無料でサクッと開けますので、もっておいて損はないはずです。

バイナンスで「MATIC」を購入するにあたり、「MATIC」の購入(コイン同士の交換)は、バイナンスの「コンバート機能」がおすすめ。

なぜなら、手数料が無料でコイン同士の交換ができるんですね。

デメリットとしては、最低交換金額が決まっていること。「MATIC」の場合は、3,000円相当金額のコインの交換が必要になります。

MaticをMetaMaskへ送金する

バイナンスから「Matic」をMetaMaskへ送金していきましょう。

送金方法は、下記2種類あります。

  • Polygonネットワークへ送金
  • Ethereumネットワークへ送金

Polygonネットワークへ送金

最もラクな方法です。

購入したMaticをバイナンスから送金する際、ネットワークに「Polygon」を選択して送金します。

ただし、注意点あり。 「Polygonネットワーク」 は混雑していることが多く、メンテナンス中であることが多いです。

メンテナンス中である場合は、以下で述べる「Ethereumネットワーク」に送金後、「Polygonブリッジ機能」を使って Ethereum ネットワークからPolygonネットワークへ「Matic」を送る方法があります。

のり

「Polygonブリッジ機能??」と謎な言葉が出て生きていますが、まずは読み進めてみてください。

Ethereumネットワークへ送金

バイナンスで「Matic」を送金する際、ネットワークに「Ethereum(ERC20)」を選択して送金します。

その後、 「Polygon Bridge」 機能を使って、「Matic」を「Ethereumチェーン」から「Polygonチェーン」へ送金

「Polygon Bridge」 機能 の使い方は、下記記事をチェックしてみてくださいね。

この「Polygon Bridge」を使うことで、Polygonチェーンへ「Matic」を持ち込むことができるんですね。

OpenSeaでNFTを作成する

事前準備が終わったところで、さっそく世界最大のNFTマーケット「OpenSea」でNFTを作成・売買していきましょう!

最初に、MetaMaskがPolygonネットワークになっていることを確認しておいてください。

まずは「OpenSea」へアクセス。

「Create」ボタンを選択して、NFTを作っていきます。

Wallet選択画面がでますので、MetaMaskを選びます。

MetaMaskが立ち上がるので、OpenSeaとの接続するために「署名」を選択。

のり

補足ですが、「署名」を押しても、手数料(ガス代)は発生しませんので、ご安心くださいね。

「Create New Item」の画面が開きます。以下のスペースに登録したい画像ドラッグアンドドロップ。

のり

画像サイズは100MBまで。

ファイル形式は、「JPG, PNG, GIF, SVG, MP4, WEBM, MP3, WAV」などに対応していますよ!

アップロードが完了すると、画像が表示されます。

のり

僕は、マイテントの画像をアップロードしてみました。

続いて、以下の項目を入力していきましょう!

  • Name   :作品の名前を入力。必須入力項目です。
  • External link:NFTにURLを埋め込めます。
  • Description :作品の説明を入力。
  • Collection :作品のグループをつくることができます。Levelsやstatusなど、NFTに属性を設定可能
  • Supply   :作成できるNFTのコピー数(22年1月時点は1から変更不可)
  • Blockchain :「Ethereum」または「Polygon」を選択
のり

必須入力項目は「Name」と「Blockchain」だけなので、簡単にNFTが作成できちゃいます。

上記以外の項目は、空欄でOKです。後からでも編集可能なのでご安心ください。

「Blockchain」 は、手数料の安い「Polygon」を選択します。

最後に「Create」を押せば、NFTの作成完了です!

のり

NFTの作成だけなら、手数料は無料!

OpenSeaでNFTを売買する

先ほど作成したNFTを売り出してみましょう!

下記のボタンを押すと、自分の所有しているNFTコレクションが表示されます。

こんな感じです。僕は、キャンプの写真をNFT化したものを2つリストアップしていますw

売りたいNFTを選んで、「Price」の欄に価格を入力。そして「Complete listing」を押します。

さらに、画面が遷移するため、「Unlick」を押して、MetaMaskで「承認」、さらに「Sign」を押して「MetaMask」で承認すれば、NFTの売り出し完了です!

のり

Polygon版のOpenSeaでは、NFTを売り出す場合の手数料も無料!

ちなみに、イーサリアム版のOpenSeaでは、手数料(ガス代)がかかります。Polygonはお得にNFT出品ができるんですね。

成功すると、下記のようにNFTに価格が表示された状態を確認できると思います。

以上で、NFTの売り出し完了です!おつかれさまでした。

売り出し価格など、ここで紹介していない細かい設定はありますが、まずは自分で1つNFTを出品してみるとイメージが掴みやすいです。NFT売買にチャレンジしてみてくださいね。

さいごに

本記事では、Polygonネットワークを使ったOpenSeaでNFTを作成・売買する方法を解説してきました。

手順通りに行えば、手数料が安いPolygonネットワークを使ったNFTの発行や売買ができるはず。

ぜひ、ご自身でまずはNFTを1つ発行して売り出してみてくださいね!

一度やってみると、感覚が掴めてきますよ。

今後、間違いなく成長していくNFTの世界を体験しつつ、勉強していきましょう!

▼イーサリアム版OpenSeaの使い方。こちらの記事も合わせてどうぞ▼

コインチェック
bitFlyer
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年のサラリーマンです。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資をしています。

これまでの投資と貯金から資産4,000万円到達。

現在は、資産ポートフォリオに占める仮想通貨の割合を増やして、投資に励んでいます。

仮想通貨や資産形成をがんばっている方に役立つ情報を発信していますので、よろしくお願いします!

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる