「OpenSea」の使い方は?【NFTの買い方・売り方まとめ】

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

NFTマーケットプレイス「OpenSea」の使い方が知りたいな。

そんな疑問を解消します。

のり

僕は投資歴15年のサラリーマン投資家です。

2020年から仮想通貨にどっぷり浸かり、資産の10%ほどを仮想通貨で運用しています。

NFTが盛り上がってきたため、価値のありそうなNFT情報を調査する日々です。

そんな僕ですが、やっと世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea」を使ってNFTの購入をしてみました。

イーサリアムはガス代が高くて、ずっと使うのを躊躇していたんですよね…

しかし、NFTといえば、最もメジャーな「OpenSea」をさわっておく必要があるだろうと、重い腰を上げてNFTの購入を検討!

今回、「OpenSea」を実際に使ってみましたので、NFTの売り方、買い方をまとめていきますね。

NFTって何?って方はこちらも合わせてチェックしてみてください。

コインチェック
目次

OpenSea とは

OpenSeaは、世界最大のNFTマーケットプレイスです。

2017年12月にサービスがローンチされ、いまや世界最大のNFTマーケットプレイスなんですね。

OpenSea の2021年8月の流通総額は、約3,650億円

2021年4~6月の、メルカリの流通総額は1,970億円。比較すると、規模の大きさに驚くかと。

さらに、OpenSeaは、イーサリアムで最も使われているアプリ(Dapps)になっています。

イーサリアムは、ロンドンアップデートにより、イーサリアム上のアプリが使われるほど「イーサリアム」がバーン(焼却)されていく仕様に。( こちら でバーンの詳細を確認できます)

イーサリアムのバーンに最も貢献しているのが「OpenSea」です。

OpenSeaの使い方

OpenSeaの使い方ですが、DeFiをさわったことがある人は、特に迷うことはないと思います。

以下、国内の仮想通貨取引所に口座は持っているけど、「DeFiなんてさわったことがないよ」って方のために、「OpenSea」の使い方をまとめていきますね。

OpenSeaを使うまでの流れ

OpenSeaを使う手順はざっくり、以下となります。

  1. 国内の仮想通貨取引所を開設
  2. MetaMaskを設定
  3. イーサリアム(ETH)を購入
  4. 取引所からMetaMaskへイーサリアムを送金
  5. OpenSeaにMetaMaskを接続
  6. NFTを売買する

順番に見ていきましょう!

仮想通貨取引所で口座開設

日本の仮想通貨取引所で口座開設をしましょう。

OpenSeaで使用するイーサリアム(ETH)は、国内の取引所であれば、全ての取引所が取り扱っています。

オススメの取引所としては、CoincheckbitFlyerがスマホアプリが使いやすくて初心者に使いやすいです。

しかし、上記の取引所は、イーサリアムを送金するときに、少額ですが送金手数料がかかります。送金手数料が無料な「GMOコイン」もオススメです。

MetaMaskを設定

仮想通貨の「webウォレット」として、最もメジャーなMetaMaskを設定しておきます。

MetaMaskの設定方法は、こちらの記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

イーサリアムを購入してMetaMaskへ送金

仮想通貨取引所を使って、イーサリアムを購入します。

購入後、取引所」から「MetaMaskのウォレットアドレス」へ、イーサリアムを送金します。

下記の記事にバイナンスからMetaMaskへ送金する方法をまとめています。MetaMaskへの送金方法は同じため、参考にしてみてくださいね。

OpenSeaにMetaMaskを接続

OpenSeaのページにアクセスして、トップページの右上のボタンを押して、Walletを接続します。

MetaMaskを選びます。

接続するアカウントを選択し、「次へ」

画面の右側に「My Wallet」が表示されていれば、接続成功です。

NFTの買い方

OpenSeaのトップページから「探索」を選択。

様々なNFTが一覧で表示されます。右側のフィルター機能を使うことで、NFTのカテゴリーやブロックチェーンごとに表示させるNFTを絞り込むことができます。

売上ランキングからも、NFTの「探索」が可能です。

購入したいNFTを選択し、「Buy now」を押します。

「Complete checkout」のウインドウが立ち上がりますので、「OpenSeaの条項に同意する」にチェックを入れて、「チェックアウト」を選択。

ガス代(イーサリアムネットワークの取引承認手数料)と、合計金額を確認して、「確認」を押します。

MetaMaskの取引が承認されます。

以上でNFTの購入が完了です!

NFTのつくり方

OpenSeaで自身のNFTを出品・販売するには、新規NFTを作成する必要があります。

OpenSeaのトップページから「作成」を選択。

「Create new Item」の画面で必要事項を入力していきます。

Googleのchromeブラウザの翻訳機能を使えば、以下のように、日本語表示も可能ですよ。

それでは、例として、僕がキャンプで撮影した写真をNFTにしてみようと思いますw

「Create new Item」 の画面から、必要情報(画像、名前、説明)を入力し、一番下の「作成」を押します。

NFTの作成は、「画像/ビデオ/オーディオ等のいずれかのファイル」と「名前」のみ入力すれば作成できますよ。

NFTの作成には、すべての項目を入力しなくてもOK

下記画面が出れば、作成完了です!

のり

chromeブラウザの日本語翻訳がショボくて、ちょっとおかしな日本語ですが、気にしないでくださいw

NFTの売り方

さきほど作成したNFTを販売してみましょう。

OpenSeaのトップページから、右上の「profile」ボタンを押します。

下記のように、自身が持っているNFTの一覧が表示されます。

販売するNFTを選択し、「売る」を押します。

指定した金額で売るには、「Set Price」を選び、Priceの項目で金額を入力。

そして、「Post your listing」を押します。

MetaMaskが立ち上がりますので、「確認」を押します。

以上で、自身のNFTを販売リストにのせることができました!

OpenSeaの手数料

OpenSeaの「NFT作成手数料」は無料です。

しかし、NFTの売買や、NFTを作成するためにガス代がかかります。

今回、僕がNFTを売買したとき(2021年9月25日)のガス代がこちら

  • NFTの購入:約3,000円
  • NFTの販売:約5,000円

イーサリアム上で、NFTを売買するためには、手数料となるガス代が高いですね~。

のり

MetaMaskは、自動で推奨のガス代を入力してくれますが、数秒で500~1,000円ほどガス代が変化する場合があります。

ご自身でチェックしてみてくださいね。

このように、イーサリアムはガス代が高騰している問題をかかえています。

そのため、手数料の安い「Solanaブロックチェーン」上でもNFTマーケットが盛り上がってきているんですね。

▼SolanaのNFTマーケットはこちらでまとめていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね▼

さいごに

「OpenSea」を使ったNFTの売り方、買い方をまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

2021年以降、さらにNFTマーケットが盛り上がってくることが予想されます。

「こんな世界もあるんだ」というノリで、実際にOpenSeaをさわってみると、NFTのすごさというか、可能性を感じることができると思います。

のり

僕も、NFTなんて一過性のブームだろ…と思っていました。

しかし、「OpenSea」に出品されているNFTの種類や、とんでもなく高額なNFTのコレクションを見て、「これはすごい」と考えを改めましたw

ぜひ、一度OpenSeaの世界をお試しあれ。

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる