【2022年最新】NFTアートの作り方・始め方 5ステップでOK

NFT始め方・作り方

こんにちは!Nori(@fx_nlife)です。

悩む人

NFTってどうやって始めればいいの?

NFTアートのつくり方が知りたいな。

そんな疑問を解消します。

Nori

僕は投資歴15年のサラリーマン投資家です。

さまざまなNFTプラットフォームを使って、NFTを実際に作ってみたり、売買した経験ありです。

ちなみに、上記アイコンにつかっている画像は、僕が購入したNFTですw

2021年夏ごろから、日本でもNFT(ノン・ファンジブル・トークン)が盛り上がっていますね!

小学2年生の子供がiPadで描いた絵(NFT)が、総額4,000万円超で取引された事例もあったんですよ。すごいですよね。

そんなNFTの作り方や、NFTを売買する方法について、初心者の方にもわかりやすいように、まとめました。

NFTは、これから間違いなく伸びる分野なので、学んでおいて損はないはず。

それでは、さっそく見ていきましょう!

▼NFTアートを作成するための無料アプリは、NFTアートを作るおすすめアプリ3選 【子どもOK!】にまとめていますので、合わせてチェックしてみてくださいね▼

▼今ならコインチェックで口座開設をすると
タダで1,500円分のビットコインがもらえる
「キャンペーン」開催中!

コインチェック

まだ口座をお持ちでない方は、
この機会にどうぞ!

>>無料でコインチェックの口座開設をする

目次

NFTアートって何?

NFTアートは、ブロックチェーン技術を使った「複製困難なデジタルデータ」のこと。

例えば、あなたが描いた絵や、撮った写真、作った音楽は、すべてNFT化して売り出すことが出来るんですよ!

単なるデジタルデータは、無限に複製ができるため無価値でした。しかし、NFT化することにより、デジタルデータに価値を持たせることが可能になったんですね。

詳しくは、NFTアートに投資すべき3つの理由をご覧ください!

世界的に有名なNFT「BAYC( Bored Ape Yacht Club)」からは、コインが発行される事例も。

NFTに会員権のような役割をもたせて、NFT保有者にコインを配ることも可能なんですね!

NFTアートの作り方・始め方

NFTアートがどんなものか分かって頂いたところで、NFTの作り方について説明していきますね。

NFTの作り方・始め方は、下記の5ステップです。

  1. 国内の暗号資産取引所に口座を開設する
  2. 仮想通貨ウォレット(MetaMask)を設定する
  3. 取引所でイーサリアムを買う
  4. イーサリアムを仮想通貨ウォレットへ送金する
  5. NFTマーケットでNFTを発行する

順に見ていきましょう!

国内の暗号資産取引所に口座を開設する

まずは、国内の暗号資産取引所に口座開設しましょう。

NFT売買の手数料として使用するイーサリアム(ETH)は、国内の取引所であれば、全ての取引所が取り扱っています。なので、口座開設はどこでもOKです。

オススメの取引所としては、CoincheckbitFlyerがスマホアプリが使いやすくて初心者に使いやすいですよ。

どこの取引所であれ、口座開設や口座維持費は完全無料のため、サクッと開設しておきましょう。

国内では、コインチェックが唯一「NFTマーケットプレイス」を運営しており、NFTへ力を入れているため、NFTをさわっていく上ではオススメかなと思います。

口座開設方法は、「【初心者OK】コインチェックで口座開設する4ステップ【10分でできます】」にまとめています。

仮想通貨ウォレット(MetaMask)を設定する

仮想通貨用のお財布を準備していきます。

仮想通貨用のお財布はいろいろあるんですが、最もメジャーな「MetaMask(メタマスク)」を設定しておけばOK。日本をはじめ、世界中の人々が使っているため情報も多く、困ることはないはずです。

MetaMaskのインストールは非常に簡単。webブラウザchromeの拡張機能として、お手軽にインストールできるんですよ。

Microsoft Edgeユーザーの方は、Edgeでも同様にブラウザの拡張機能としてインストール可能です。

>>MetaMaskのインストール

MetaMaskの偽物サイトが出回っていますので、URLが、「https://chrome.google.com/~」で始まるサイトかしっかりチェックしましょう。上記で貼ったアドレスは、正規のMetaMaskサイトですのでご安心ください。

MetaMaskの設定方法は、「メタマスクの設定・使い方を徹底解説」の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

取引所でイーサリアムを買う

暗号資産取引所で、NFTを作成するための手数料(ガス代)として必要なイーサリアムを買っていきましょう。

「イーサリアム(ETH)」は、NFT世界の基軸通貨。実世界の基軸通貨である「米ドル」のような存在です。

NFTを作成するための手数料は、イーサリアムで払う必要があるんですね。

NFTを作成すると、ざっくり3,000円~5,000円の手数料(イーサリアム)がかかります。また、NFTを売り買いすると、売買手数料として 3,000円~5,000円 がかかるイメージ。

そのため、まずは1万円、余裕があれば3万円ほどイーサリアムを買っておきましょう。

Nori

NFTを作成するためのガス代が高すぎ….と躊躇する方もいるかと。

そんな方へは、ポリゴンというブロックチェーンのNFTマーケットプレイスがおすすめ。こちらは別途解説します。

イーサリアムの現在のガス代の調べ方は、イーサリアムのガス代っていくら?の記事にまとめています。

イーサリアムを仮想通貨ウォレットへ送金する

取引所で買ったイーサリアムを、仮想通貨ウォレット「MetaMask」へ送金していきます。

僕も初心者のころは不安いっぱいでしたが、仮想通貨の送金が、最も苦戦というか不安になるところかと。

なぜなら、間違ったアドレスに送金してしまうと、送金した通貨がなくなってしまうんですよ….銀行のように、宛先間違いの場合は返金してもらえるという至れり尽くせりのサービスはないんですね。間違ったら自己責任….

そのため、送金前のアドレスチェックは必須。慣れないうちは神経を使いますので、少額からテスト送金をしてみるのがオススメです。

Nori

最初は、イーサリアムを送金して、MetaMaskに反映さるまでドキドキするはず。

送金処理をしてから、着金までにタイムラグがあるので、焦らず待ちましょう。

コインチェックからMetaMaskへイーサリアムを送金する方法は、「コインチェックからイーサリアムを送金する方法」の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

NFTマーケットでNFTを発行する

NFTマーケットプレイスにMetaMaskを接続し、NFTの発行・NFTの売買をしていきます。

NFTマーケットプレイスとして、世界最大規模のOpenSea(オープンシー)にMetaMaskを接続させて、NFTを発行します。

ここで、OpenSeaを利用するための「会員登録」は不要です。MetaMaskを接続するだけで、NFTマーケットが利用できてしまうんですね。

MetaMask(自分の財布)が、「ID」や「パスワード」の代わりとして機能しているんですよ。

概要が分かったところで、詳細は「OpenSeaの使い方は?」の記事にまとめています。NFTの作成(mint)方法やNFTを売買する方法について、画像を使ってまとめましたので、初めての方にとってはわかりやすいかと!

NFTを国内で売買するには

結論、自分で作ったNFTを国内で売買することはできません。

まだ日本では、法律面が定まっていないからです。

一方、Coincheckが運営している「NFTマーケットプレイス」を使えば、数種のNFTが売買できます。

「Coinchek NFTマーケットプレイス」は、取り扱いのあるNFTの種類が少ないものの、「イーサリアムのネットワーク手数料(ガス代)」がかからない点がメリット。

そのため、手数料を気にせずNFTの売買が可能ですよ。

CoinchekのNFTマーケットプレイスで取り扱いがあるNFTや使い方については、CoincheckでNFT!【マーケットプレイス使い方】にまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

さいごに

まとめます。

NFTの発行・売買は以下の5ステップで始められます。

  1. 国内の暗号資産取引所に口座を開設する
  2. 仮想通貨ウォレット(MetaMask)を設定する
  3. 取引所でイーサリアムを買う
  4. イーサリアムを仮想通貨ウォレットへ送金する
  5. NFTマーケットでNFTを発行する

NFTは、これから間違いなく伸びる分野。将来に向けて、NFTの発行やNFT売買にチャレンジしてみると、チャンスが広がるはずです。

ぜひ、はじめの一歩の行動として、NFT発行またはNFT売買にチャレンジしてみてくださいね!

▼NFTを発行するための手数料として必要な「イーサリアム」は、bitFlyerの「取引所」から購入すると安く買えます。【実際に3年使用した僕が検証】ビットフライヤーのメリット・デメリットまとめ記事も合わせてどうぞ▼

コインチェック
bitFlyer
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴15年のサラリーマン投資家。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資をしています。

これまでの投資と貯金から資産4,000万円到達。

現在は、クリプトやNFTにはまっています。

目次
閉じる