【超簡単!】コインチェックからバイナンスへビットコインを送金する方法

コインチェックからバイナンスへビットコインを送金する方法

こんにちは!Nori(@fx_nlife)です。

悩む人

コインチェックから、海外の暗号資産取引所「バイナンス」へ、ビットコインを送金する方法を教えて。

そんな疑問を解消します。

Nori

僕は、投資歴15年のサラリーマン投資家です。

コインチェックから、海外の暗号資産取引所である「バイナンス」や「bybit」へ暗号資産を何度も送金した経験あり。

僕もそうでしたが、初めて暗号資産を送金する時は、めちゃめちゃドキドキしますw

なぜなら、「宛先のアドレス」や「送金するブロックチェーン」を間違えると、資金がなくなってしまうからなんですよね…

本記事では、「コインチェック」から「バイナンス」へビットコインを送金する方法を、初心者でも分かりやすいように、図解してまとめています。

記事を読むことで、コインチェックからバイナンスへの暗号資産の送金を、迷わずできるようになるはずです!

それでは、さっそく見ていきましょう!

▼バイナンスの登録方法・使い方については、【2022年最新版】Binance(バイナンス)の口座開設方法・使い方【スマホでOK】にまとめています。合わせてチェックしてみてくださいね▼

▼3年連続アプリダウンロード数No.1!初心者に使いやすい取引所なのでオススメです▼

>>無料でコインチェックの口座開設をする

目次

なぜコインチェックから暗号資産を送金するの?

海外の暗号資産取引所や、イーサリアム用のお財布「メタマスク」へ暗号資産を送金するためです。

日本で売っていない暗号資産を買う目的で、海外の取引所へ送金される方が多い印象ですね。

例えば、海外の大手暗号資産通貨取引所「バイナンス」では、日本で販売されていない300種類以上の暗号資産を取り扱っているんですよ。

僕の場合は、以下の目的で暗号資産を送金することが多いです。

はじめのうちは、銀行間のお金の送金とは異なり、暗号資産特有の送金に戸惑うと思います。

以下に、コインチェックからビットコインを送金する方法をまとめていきますので、一緒に見てきましょう!

コインチェックからビットコインを送金する方法

コインチェックのスマホアプリから、バイナンスへビットコインを送金する方法を例に解説していきますね。

バイナンスへビットコインを送金する

まずは、コインチェックアプリを立ち上げます。

コインチェックの口座開設がまだの方は、こちらから登録しておいてください。

「ウォレット」を選び、「ビットコイン」を選択。

送金を選びます。

新規送金先の登録

送金先の「選択」から、「新規の送金先」として「バイナンス」を登録していきましょう!

送金先リストから「送金先を追加」を押します。

次に、「送金先名」(自分がわかりやすい名前)と、「送金先アドレス」を入力していきます。

Nori

僕は「送金先名」を、「バイナンス_BTC」としました。

「送金先アドレス」は、「バイナンスのビットコインアドレス」を入力します。

「バイナンスのビットコインアドレス」の調べ方は簡単です。

まず、バイナンスアプリを立ち上げます。

バイナンス口座をまだお持ちでない方は、【2022年最新版】Binance(バイナンス)の登録方法・使い方【スマホでOK】を参考に進めてみてくださいね。

アプリを立ち上げたら、「ウォレット」を選択し、ウォレット内の「BTC」を選択。

「入金」を選択。

「Choose Network」画面が開き、入金用のネットワークを聞かれるので、「Bitcoin」を選びましょう!

選択するネットワークを間違えると、資金を失います。必ず「Bitcoin」を選択するようにしてくださいね!

ネットワークを選択すると、「入金用のビットコインアドレス」が表示されます。

「BTC入金アドレス」横のコピーボタンを押して、アドレスをコピー。

そして、コインチェックアプリへ戻り、「送金先アドレス」欄に貼り付けて、追加を押します。

SMS認証画面が開き、あなたのスマホ宛にSMSメッセージが届くと思います。

SMSメッセージに記載された6桁の数字を入力すれば、認証完了です!

以上で、新規の「送金先」が追加されますよ。

Nori

上記の例では、「バイナンス_BTC」という名称で、「バイナンスのビットコインアドレス」を”新規送金先”として登録しました!

ビットコインの送金方法

次に、いよいよビットコインの送金です。

ビットコインの送金額を入力し、「BTCを送金」を選択。

「送金申請」を押します。

「2段階認証」画面が開くため、「認証アプリを起動」から、「Google Authenticator」を選びます。

Google Authenticator」は、2段階認証用の認証コードを発行してくれるアプリ。2段階認証用に、よく用いられているアプリですよ。

「Google Authenticator」が立ち上がったら、コインチェック用の6桁の認証コードを入力します。

以上で送金申請が完了です。

ここまで、おつかれさまでした!

コインチェックからの送金手数料は?

ビットコインの送金手数料は、ざっくり4,000円です。(1BTC=400万円の場合)

送金手数料→ビットコイン(BTC):0.001 BTC

Nori

送金金額にかかわらず一定なので、一度にまとめて送金する方法が安上がりなんですね。

コインチェックでかかる手数料については、コインチェックで発生する手数料まとめで詳しくまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

バイナンスからコインチェックへビットコインを送金する方法

バイナンスへ送金したビットコインを、再びコインチェックへ送金する方法をまとめていきますね。

Nori

送金するときに、電話番号を使ったSNS認証の操作が必要なため、スマホからの操作がおすすめですよ。

以下、スマホからの手順です。

まずは、バイナンスアプリを開き、「ウォレット」から「BTC」を選びます。

そして、「BTC」の出金を選択。

「仮想通貨ネットワーク経由で送信」を選びます。

送金するアドレスを入力していきます。

Nori

アドレスには、BTC入金用のアドレスを入力します。

ここでは、コインチェックのBTC入金用のアドレスを入力する方法を説明していきますね。

コインチェックアプリを開きます。

「ウォレット」を選択し、「ビットコイン」を選びます。

次に、「受取」を選択。

ビットコイン受取用のアドレスが表示されますので、「アドレスをコピー」を押します。

さきほどのバイナンスアプリに戻り、「アドレス」へコピペします。

次に、送金ネットワークの設定です。

ネットワークとして「Bitcoin」をえらびましょう。

Nori

コインチェックのBTC入金用アドレスを入力すると、自動で「Bitcoin」ネットワークが選択されるはずです。

送金金額を入力し、「出金」を選択。

注文確認画面が表示されますので、アドレスやネットワークが合っていることを確認し、「確認」ボタンを押します。

最後に認証をしていきます。

2つの「コードを送る」を押すと、スマホのSMS(ショートメール)とメールアドレスに認証コートが届きます。届いたコードを入力し、「提出」を押せば送金完了です!

ここまで、おつかれさまでした!

Nori

これで、日本の取引所(コインチェック)に暗号資産を戻すことができました。

日本に住んでいる以上、海外取引所からの送金処理は必須のため、操作手順に慣れていきましょうね!

バイナンスからのビットコイン送金手数料は?

ビットコインの送金手数料は、ざっくり2,000円です。(1BTC=400万円の場合)

送金手数料→ビットコイン(BTC):0.0005 BTC

Nori

コインチェック→バイナンスへ送金する手数料(4,000円)の半額と覚えていおくとよいかと。

Nori

BTCの送金は、送金手数料が思いのほか高いんですよ~。

さいごに

今回は、コインチェックからバイナンスへビットコインを送金する方法について解説してきました。

その他の取引所への送金や、ビットコイン以外の暗号資産を送金する場合も、ほぼ同じ手順で送金可能ですよ。

送金する時は、「送金するブロックチェーン」の選択を間違えないようにしてくださいね!

また、送金する暗号資産によっては、送金してから着金までに時間がかかるものもあります。

Nori

ブロックチェーンのネットワークが混んでいると、送金に1時間以上かかることもあるんですね。

送金した暗号資産が着金しないときは、少し気長に待ちましょう。

暗号資産の送金を覚えて、さまざまな暗号資産の投資にチャレンジしてみてくださいね!

▼3年連続アプリダウンロード数No.1!初心者に使いやすい取引所なのでオススメです▼

>>無料でコインチェックの口座開設をする

▼イーサリアムを安く買うならbitFlyerがオススメですよ▼

>>無料でbitFlyerの口座開設をする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴15年のサラリーマン投資家。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資をしています。

これまでの投資と貯金から資産4,000万円到達。

現在は、クリプトやNFTにはまっています。

目次