【バイナンスへの入金方法をまとめ!】手数料が安いおすすめの入金方法は?

バイナンスへのおすすめの入金方法

こんにちは!Nori(@fx_nlife)です。

悩む人

バイナンス口座へ安く入金する方法を知りたいんだけど。

そんな疑問を解消します。

ユーザー数1000万人以上、取引量もトップクラスの海外の仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」。

日本から「バイナンス」で暗号資産を売買するには、暗号資産の入金が必要ですよね。

入金方法にはいくつか方法があるんですが、手数料が安いおすすめの方法をご紹介していきます!

▼バイナンスの登録方法・使い方については、【2022年最新版】Binance(バイナンス)の口座開設方法・使い方【スマホでOK】にまとめています。合わせてチェックしてみてくださいね▼

▼3年連続アプリダウンロード数No.1!初心者に使いやすい取引所なのでオススメです▼

>>無料でコインチェックの口座開設をする

目次

バイナンスへの入金方法

バイナンス

バイナンスへの入金方法は、大きく以下の2つがあります。

  • 日本の仮想通貨取引所から送金
  • クレジットカードで通貨を購入

「日本円」を直接バイナンスの口座へ送金すればいいじゃん、と思われるかもしれませんが、バイナンスは日本円を受け付けていないんですよね。

そのため、上記の方法で、バイナンスの口座に仮想通貨を送る、または仮想通貨をクレジットカードで直接購入する必要があるんですね。

バイナンスへのおすすめの入金方法は?

結論からいくと、「日本の仮想通貨取引所からバイナンスへ送金する方法」がおすすめ。

なぜなら、クレジットカードでバイナンスの仮想通貨を購入するのに比べ、手数料が安くすむからです。

クレジットカードで仮想通貨を購入する手数料は?

クレジットカードで購入する手数料は、仮想通貨価格の3.5%もしくは10USDの高い方

詳細はこちらでまとめていますので、クレジットカードでの購入に興味のある方はチェックしてみてくださいね。

クレジットカードよりは、日本の仮想通貨取引所から、仮想通貨を送金するほうが安く済む場合が多いです。

とはいえ、「日本の仮想通貨取引所から送金する方法」には「どの取引所を使うのか」、「どの通貨を送金するのか」で手数料が大きく異なります。

僕がバイナンスへ送金するときによく利用する、おすすめの入金方法をご紹介しますね。

おすすめの入金方法① コインチェックからビットコインを送金

1つ目のおすすめは、コインチェックからビットコインをバイナンスへ送金する方法です。

コインチェックは、アプリダウンロード数No1だけあって、画面がゴチャゴチャしておらずシンプルなのが使いやすいです。

1つ注意点として、スマホアプリからだと手数料が安い「取引所」で暗号資産を買うことができないため、PCから買いましょう!

暗号資産を買う方法は、大きく2つ。「取引所」または「販売所」から買うことができるんですね。

▼「取引所」と「販売所」の手数料(スプレッド)の違いは、【確認必須!】ビットコインのスプレッドを比較【販売所/取引所違い】でまとめています。合わせてチェックしてみてください▼

コインチェックでビットコインを購入する

PCからコインチェックのホームページにアクセスし、ビットコインを購入していきましょう!

ホームページでは、下図のような「買い板/売り板」があります。

「レート」に購入したい金額、「注文量」に購入したいビットコイン数を入力すると、「概算」に購入金額が計算されます。

「注文する」を押し、約定すれば購入完了です!

上記の例では、手数料となるスプレッド差(買値と売値の差)は、ざっくり2,000円。

スプレッド差が実質手数料としてかかるものの、その他手数料はかかりませんよ。

ビットコインをバイナンスへ送金する

ビットコインを購入したら、購入したビットコインをバイナンスへ送金していきましょう。

コインチェックでは、ビットコイン(BTC)の送金手数料は、0.001 BTC。

送金金額によらず、一定です。

例えば、1BTC=400万円の場合、4,000円の送金手数料がかかります。

コインチェックから、バイナンスへ送金する手順は、【初心者向け】コインチェックからバイナンスへの仮想通貨送金方法を解説でまとめいます。合わせてチェックしてみてください!▼

おすすめの入金方法② GMOコインからビットコインを送金

もう一つのおすすめは、「GMOコイン」からビットコインをバイナンスへ送金する方法です。

おすすめの理由は以下2つ。

  • GMOコインには、スプレッドが小さい「取引所」がある
  • GMOコインは送金手数料が無料

特に、GMOコインは送金手数料が無料という大きなメリットが!!

実際には、ブロックチェーンのトランザクション手数料がかかっているはずなので、その手数料をGMOコインが肩代わりしてくれているということです。

このように送金手数料が無料な「GMOコイン」。「手数料が無料」なら、コインチェックよりお得なんじゃ、、と思いませんか。

実は、僕もそう思いましたw

ただしですよ、、送金手数料が無料なのはありがたいんですが、GMOコインは「取引所」のスプレッドが広くなりがちなんですよね。

GMOコインでは、「取引所」から暗号資産が買えるんですが、それでもスプレッドが広いんですよ。

下記の例では、スプレッドは、3712円。ざっくり4,000円です。

場合によっては、7,000~8,000円近くのスプレッドがあることもよくあります。

Nori

僕がビットコインを買ったときは、、買った瞬間に資金総額が7000円減り、「あれれ、、」となりました…

原因を調べていくと、「急に拡大する」スプレッド(買い値と売値の差)のためだったんですね。

このように、GMOコインはスプレッドが広い場合があるため、ビットコインの価格が大きく変動している時の売買はおすすめしません。

急ぎでなければ、ビットコインの価格が落ち着いている時に、売買するようにしましょう!

まとめ

バイナンスへ暗号資産を入金するおすすめの方法についてまとめます。

おすすめの方法は、「日本の暗号資産取引所でビットコインを買って、バイナンスへ送金する方法」です。

日本の仮想通貨取引所では、「コインチェック」と「GMOコイン」がお勧めかなと思います。

送金手順も簡単ですし、手数料も安めですので。

Nori

僕は、気分によって「コインチェック」と「GMOコイン」を使い分けてしまっていますがw

注意点として、日本の仮想通貨取引所でビットコインを買うときは、必ず「取引所」で購入するようにしましょう!

「販売所」で購入すると、高いスプレッドによって手数料をボッタくられますのでお気をつけくださいw

▼3年連続アプリダウンロード数No.1!初心者に使いやすい取引所なのでオススメです▼

>>無料でコインチェックの口座開設をする

▼イーサリアムを安く買うならbitFlyerがオススメですよ▼

>>無料でbitFlyerの口座開設をする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴15年のサラリーマン投資家。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資をしています。

これまでの投資と貯金から資産4,000万円到達。

現在は、クリプトやNFTにはまっています。

目次