バイナンスの手数料まとめ【取引手数料0.1%&スプレッドほぼなし!】

バイナンス手数料まとめ

こんにちは!Nori(@fx_nlife)です。

悩む人

バイナンス(BINANCE)を利用するときにかかる、手数料が知りたいな。

そんな疑問を解消します。

世界最大級の仮想通貨取引所「バイナンス(BINANCE)」。

こちらでは、バイナンスを利用するときにかかる手数料についてまとめます。

▼今ならタダで1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン開催中!▼

コインチェックで無料口座開設&1円入金でOK。簡単な達成条件なので、この機会にどうぞ!

>>無料でコインチェックの口座開設をする

目次

バイナンス(BINANCE)の手数料まとめ

入金手数料

入金手数料は0円(無料)です。

日本の仮想通貨取引所のほとんどが、入金手数料は無料としているので、「入金手数料」に関しては特にメリットなしですね。

取引手数料

取引手数料は、どの通貨でも一律0.1%です。

一律0.1%なので覚えておきやすいですし、計算もしやすいですよね。

例えば、100万円分のビットコインをBNB(バイナンスコイン)へ交換(スワップ)した場合、取引手数料は1,000円となります。

Nori

手数料の比較として、株の取引きができる楽天証券はというと、100万円の株を購入するのに、535円(税込み)の手数料がかかります。

株との比較では、ちょっと割高な気もしますが、仮想通貨の世界では激安の部類ですよ。

日本の仮想通貨取引所では

仮想通貨の取引手数料は「無料」としているところが多いです。

しかし、ここにはカラクリがありまして…..

スプレッド(売値と買値の差)が大きく設定されているんですね。

「手数料」という表現ではないものの、この「スプレッド差」が手数料のため要注意です。

特に、日本の仮想通貨取引所では当たり前のようにある「販売所」は、「ボッタくりなんじゃないの?」と思ってしまうほどのスプレッドが設定されていたりするんですね。

こちらの記事でスプレッド比較をまとめていますので、合わせて確認してみてください。

ちなみに、海外の仮想通貨取引所では、スプレッドが大きい「販売所」は設置されていないところがほとんどです。

Nori

バイナンスにも、「販売所」によく似た仮想通貨同士の「交換(Swap)」機能がありますが、スプレッドは非常に小さいですよ。

送金手数料

仮想通貨の送金手数料は、仮想通貨の種類や送金先のブロックチェーンによって異なるため、マチマチです。

代表的な「ビットコイン」と「イーサリアム」の送金手数料を例にまとめますね。

ビットコインの送金手数料

ビットコイン(BTC)を「BTCチェーン」で日本の仮想通貨取引所へ送金すると、0.0005BTC(約2,000円)の手数料がとられます。

1BTC=400万円の場合です。

Nori

結構高いですよね。。

BTC価格が高騰すると、送金手数料はさらに割高になるのでご注意を。

イーサリアムの送金手数料

イーサリアム(ETH)をイーサリアムチェーン(ERC20形式)」で日本の仮想通貨取引所へ送金すると、0.006ETH(約3,000円)かかります。

1ETH=50万円の場合です。

イーサリアムには、「イーサリアムチェーン(ERC20形式)」での送金の他に、「バイナンススマートチェーン(BEP20形式)での送金も可能。

バイナンススマートチェーン形式での送金は、送金手数料が0.000068ETH(約34円)と激安!

Nori

送金チェーンの違いにより、送金手数料がざっくり100倍も違うんですね。


参考に、こちらが送金チェーンの違いによる出金手数料の違いです。

Nori

特に、イーサリアムのブロックチェーン(ERC20)は、混雑していることが多いため、送金手数料が高くなりがち。

Nori

ですが、イーサリアムを日本の取引所へ送金する場合は、手数料が高い「ERC20」形式でしか送金できないため、送金チェーン間違いに注意しましょう。

送金金額による手数料

送金金額が多い、少ない、によって手数料は変わりません。

つまり、一度に大きな金額を送金するほうが、お得ということですね。

その他通貨の送金手数料

その他の通貨について、送金手数料を知りたいときは、公式サイトの手数料レートをチェックしてみてくださいね。

さらに、VIPレベルによっても手数料が変わります

「30日間のビットコイン取引数量」と「保有するBNB残高」によってVIPレベルが決まり、手数料の割引の恩恵があります。

現在は、BNBの価格が高騰してしまったため、「VIP1」の条件である50BNB保有のハードルが、ガツンと上がってしまいました。

30日間に50BTCの取引数量を満たしてかつ、50BNB(1BNB=4万として、200万)をバイナンスに保有しておくって、大半の方には無理ゲーかと

だいたいの方が、「VIP0」のままかと思いますが、無理して次の「VIP1」に引き上げる必要は不要ですよ。

Nori

僕自身も、「VIP0」です。最弱レベルに甘んじてますww

BNBで手数料を支払うとお得に

バイナンスでは、BNBで取引手数料を支払うと、取引き手数料が25%割り引かれるのでお得です。

Nori

VIPレベルの設定や、BNBでの手数料支払いなど、BNBの使い道をうまく設定している点はさすがバイナンスといったところです!

まとめ

バイナンス

バイナンスを使用する際にかかる手数料についてまとめました。

まとめがこちら。

  • 入金手数料は0円(無料)
  • 取引手数料は、どの通貨でも一律0.1%
  • 出金手数料は、通貨や送金ブロックチェーンによってマチマチ

正直、バイナンスなら、手数料をほとんど気にせずに、コイン同士の交換やコインの送金ができるかな~と個人的には思っています。

手数料面に加え、バイナンスでは、取り扱い通貨数が非常に豊富なため、日本の仮想通貨取引所で1つ口座を開いたら、次に持っておきたい口座です。

2年前の僕は、「海外の仮想通貨取引所なんて、なんかリスク高いよね。」と脳死で選択しから外していました。

今となっては、なぜあの時、バイナンスで口座開設をして「BNB(バイナンスコイン)」を買っておかなかったのか….と後悔していますw

2019年は、BNBは20$。現在は10倍以上です!

2021年5月19日に、仮想通貨の大暴落がおこり、BNBの価格が下落していますが、安くなれば仕込みどきかもしれませんね。

話はそれましたが、今回はバイナンスを使用するときにかかる手数料についてのまとめでした!

「バイナンスの手数料っていくらだっけ?」と思ったときに読み直していただけると幸いです。

▼今ならタダで1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン開催中!▼

コインチェックで無料口座開設&1円入金でOK。簡単な達成条件なので、この機会にどうぞ!

>>無料でコインチェックの口座開設をする

▼イーサリアムが取引所経由で安く買えるbitFlyerもオススメ▼

>>無料でbitFlyerの口座開設をする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴15年のサラリーマン投資家。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資をしています。

これまでの投資と貯金から資産4,000万円到達。

現在は、クリプトやNFTにはまっています。

目次