【Unrektの使い方】怪しげなDeFiサイトをさわったあとはRevoke(リボーク)しよう!

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

Revoke(リボーク)って何?

リボークができる「Unrekt」の使い方が知りたいな。

そんな疑問を解消します。

突然ですが、「Revoke(リボーク)」って知っていますか?

DeFiをさわっていると、何かの操作を実行するとき、MetaMaskが立ち上がり、「Approve」という承認処理が必要ですよね。

この承認処理を取り消す作業を「Revoke(リボーク)」といいいます。

一般的に、信頼できない(scamであったり、ハッキング被害があった)サイトに対して「Approve(承認)」をしてしまった後は、このRevokeをしておかないと最悪資金が抜かれることも、、、

ということで、「Revoke」ができる「Unrekt」という便利なアプリの使い方をご紹介していきます。

▼DeFiに慣れていない方は、まずはこちらの記事でリスクを理解してくださいね▼

▼DeFiで仮想通貨を高利回り運用する方法は、こちらの記事でまとめていますので、合わせてチェックしてみてくださいね▼

コインチェック
目次

なぜRevoke(リボーク)が必要なのか

怪しい(悪意のある)DeFiサイトに接続し、MetaMaskの「Approve(承認)」をした状態にしておくと、ウォレットから資金が抜かれてしまうリスクがあります。

あるサイトに対して、「Approve」をすると、サイト側から自分の財布であるMetaMaskにアクセスできる状態に。

例えると「ドアが開けっぱなし」になっている状態ですね。

ある程度、信頼されているDeFiサイトであれば大丈夫だとは思いますが、BSCの「魔界」と呼ばれるようなscamが疑われるサイトの場合は「Revoke」しておくのが安心だと思います。

実際に僕は、BSCの魔界と呼ばれる怪しげなサイトにいくつか接続し「Approve」をしていますが、実際に被害にはあっていません。

しかし、実際に資金を抜かれる被害にあった方はいらっしゃるようで、TwitterやYoutubeでも注意喚起がされていたりするんですよね。

というわけで、「Revoke」はすべきかなといった感じなんですが、この「Revoke」が簡単にできる「Unrekt」というサイトがあります。

その使い方を紹介しますね。

Revokeができる「Unrekt」とは

「Unrekt」という、簡単に「Revoke」ができるサイトがあります。

「Unrekt」は、「Smart Contract Allowance Checker」。

その名の通り、スマートコントラクトの「Approve(承認)」状況を一覧でチェックし、revoke(取り消し)できるんですね。

ちなみに、身も蓋もないですが、この「Unrekt」というサイトも「scamっぽいな。。」と僕は疑心暗鬼でしたw

ちょっとお化けのようなキャラが胡散臭いんですよねw

TwitterやYoutube、Discordを見る限り、「魔界」に参加されている方々は、この「Unrekt」を信頼して「Revoke」処理をしているようなので、 僕も問題ないと判断し使用しています。

「Unrekt」の使い方

この「Unrekt」の使い方はというと、非常に簡単です。

実際にrevoke作業をやってみますね。

まずは、「Unrekt」にアクセス。

「Connect」を押すと、MetaMaskが立ち上がるため、「Unrekt」への接続を承認します。

すると、過去にMetaMaskで接続を承認したリストがズラっと表示されます。

表示されるのは、以下3つの項目です。

  • 「Token」  :使用を承認したトークン(仮想通貨名)
  • 「Contract」 :使用したサイト名やコントラクトアドレス
  • 「Allowance」:「Approve」を行ったブロックナンバー

ここで、「Contract」の列には、「Pancakeswap」や「Cream」などのメジャーどこは表示されるものの、マイナーなDeFiサービスは表示されません。そのため、自分でrevokeしたいDeFiサービスを探し出す必要があります。

「Approve」した日付は、新しい順(Blockの値が大きい順)に上から並んでいますので、時系列に追っていけば、revokeしたい対象を見つけやすいと思います。

ここでは、「NEON」というトークンの使用許可「Approve」を「Revoke」してみます。

のり

「NEON」はscamとは確定していないものの、いわゆる「魔界」のDeFiサービスです。

▼NEONは、こちらの記事でまとめています。基本「魔界」なのでおすすめしません(笑)▼

「Revoke」のやり方はとても簡単。

Unrekt」に接続し、NEONの横にある「Revoke」を選択すると、MetaMaskが立ち上がります。

revokeを承認するために、「確認」を押します。

「NEON」のRevokeは、$0.13(約13円)でした。

のり

Revokeの処理にも手数料が発生します。

10~20円程度の手数料ですので、ハッキングされるリスクを考えれば、安いものかと。

以上で、Revoke処理が完了です!

Revokeできていれば、Revokeボタンの下に完了を示すマークが表示されますので、確認してみてください。

こんな感じで、怪しいサイトの「Approve」はガンガン「Revoke」しておくと安心かと。

さいごに

「怪しいサイトに接続したら」忘れずやろう、「Revoke」。

ということで、自分のお金を守るために、リスク管理(Revoke)はやっておきましょう!

とはいえ、「「Unrekt」というサイト自身がそもそも信頼できるの?」といった意見もありそう…

僕自身も「Unrekt」を使用する前は、信頼できるのかがちょっとひっかかっていましたw

なので、ここはDYORの精神で、自分で調査し、リスクを判断していただければ!

のり

僕は、いろいろ調べた結果「Unrekt」はリスクは小さいかなと判断し、「Revoke」を行っています。

以上、DeFiのスマートコントラクトで行った「Approve」を取り消せる「Unrekt」のご紹介でした!

▼「魔界」に疲れたら、値上がり案件多数の新規コインのトークンセールもおすすめ▼

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる