【価格高騰!】イーサリアムの将来性は?ロンドンアップデートでデフレ仕様に

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

イーサリアムの大型アップデートが行われたって聞いたよ。

イーサリアムの将来価格って上昇していくの?

そんな疑問を解消します。

イーサリアムの大型アップデート「ロンドン」が、2021年8月5日に行われました。

このアップデートにより、イーサリアムの価格がさらに上昇するのかどうか….

今回は、イーサリアムの大型アップデートで何が変わったのか、今後のイーサリアム(ETH)の価格動向についてまとめていきます。

イーサリアムを買って、ガチホしてみようかな….と考えている方の参考になれば幸いです!

コインチェック
目次

アップデート後のイーサリアム価格は?

イーサリアムの大型アップデート「ロンドン」が行われました!

アップデート後の、イーサリアム価格がこちら。(2021年8月時点)

イーサリアムアップデート後の初動は、「爆上げ」といった市場反応です。

相場には、「噂で買って、事実で売れ」という格言がありますが、イーサリアムの場合は、アップデート実行後も価格上昇の勢いは衰えず。

イーサリアムにつられて、元気がなかったビットコインの価格上昇も見られます。

イーサリアムの将来価格は?

結論からいくと、イーサリアムの価格上昇はまだまだ続きそうです。

もちろん、短期では、一旦調整が入ると思いますが、1~3年の長い目で見れば、上昇トレンドを描くのでは…と予想しています。

では、なにを根拠にイーサリアムの価格が上昇していきそうといえるのかというと、イーサリアムのアップデートに含まれる「イーサリアム手数料の一部がバーン(焼却)される仕組み」が大きいんですよ。

イーサリアムの大型アップデート「ロンドン」

まず、イーサリアムの大型アップデート「ロンドン」で行われた内容がこちら。

  • ETH1.0チェーンの手数料モデルの変更
  • BASEFEEオペコード
  • 手数料の一部がバーン(焼却)される仕様を実装
  • 0xEFバイトで始まるコントラクトの拒否
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期

上記5つのイーサリアム改善提案が盛り込まれたアップグレードでした。

この中で、僕たちが関心ある「イーサリアムの価格」に最も影響があるのが、「手数料の一部がバーン(焼却)される仕様を実装 」という部分です。

イーサリアムは、これまで供給量の上限が決まっていないため、供給上限が決まっているビットコインと比較すると、「価値の保存性」がなく、価格上昇に懐疑的な側面がありました。

通貨が無限に発行できてしまう状況では、インフレになって通貨の価値は下がってしまいますよね。

実は、アップデート後のイーサリアムも供給量に上限がない点は変更ありません。

しかし、イーサリアムの総供給量が減少していくような「デフレメカニズム」が仕様として導入されたんですよ。具体的には、イーサリアムのスマートコントラクトを実行するための手数料の一部がバーン(焼却)される仕組みが導入されています。

イーサリアムの実際のバーン(焼却量)は?

イーサリアムのロンドンアップデートから3日後には、すでに12,700ETH(約40億円)以上のETHがバーンされました。

のり

3日で40億って、すごい規模でバーン(焼却)が進んでますよね。

イーサリアムの実際のバーン(焼却量)は、こちらのサイトからリアルタイムで確認できます。

上記サイト内で、横軸が年数、縦軸がETHの発行数量の将来の予測グラフをシミュレートできます。

グラフの予測によると、2022年には、ETHの総発行量が頭打ちになり、その後、総供給量がゆるやかに減少していくことが確認できるんですよね。

事前予想によると、手数料がバーンされる仕様の実装によって、365日間で合計296万7937ETHが焼却(burn)され、その期間中のイーサの供給量増加量は76%減少すると推定されています。

イーサリアムの焼却は、株式投資でいう「自社株買い」。

ある企業が「自社株買い」を行うと、市場に出回る株の総量が減少するため、1株あたりの価格上昇が起こりますよね。

仮想通貨の「燃焼(バーン)」も、株の「自社株買い」とまったく同じ構造のため、1通貨あたりの価格上昇が期待できるんですよ。

よって、長期にわたりイーサリアムの 「燃焼(バーン)」 が行われていきますので、イーサリアムの価格上昇が期待できます。

イーサリアムで人気のアプリはというと

さきほどご紹介した、 イーサリアムの実際のバーン(焼却量)が確認できるサイトから、バーン量に寄与している「イーサリアム上で稼働しているアプリ」を知ることができます。

のり

「イーサリアムのバーン量が多い」=「人気がありたくさんつかわれているアプリ」を確認できるんですね。

「burn leaderboard」を確認した結果がこちらです。

一番上のTopは、謎の特定アドレス(取引所?)なので省きます。それ以降の上位5位を見てみると、以下のような順位です。

  1. OpenSea(NFT)
  2. Uniswap V2(DeFi)
  3. Tether (Stable)
  4. Axie Infinity (NFT)
  5. Uniswap V3 (DeFi)

このバーン量が多いアプリを見ることで、現在の分散型アプリ(Dapps)の流行りを分析することができるんですね。

上記の結果から、現在は、NFTに関連するアプリの人気があります。

NFT関連のアプリは、①OpenSea、④Axie Infinity。DeF関連のアプリは、②Uniswap V2、⑤Uniswap V3が該当します。

OpenSeaは、世界最大の「NFTマーケットプレイス」なんですね。

Uniswapは、有望なアルトコインが買える便利な分散型取引所(DEX)なので、興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

のり

DeFiに資金が集まっているのかなと思っていただけけに、意外な結果でした。

NFTの人気の高さを再認識です。

さいごに

イーサリアムの大型アップデートで何が変わったのか、今後のイーサリアム(ETH)の価格動向についてまとめました。

イーサリアムの価格に影響するアップデートは、「イーサリアムの総供給量が減少するデフレメカニズムの実装」でした。

イーサリアムの総供給量は2022年以降、減少に転じていきますので、イーサリアムの将来的な価格上昇が期待できそうです。

長い目で見れば、イーサリアムの価格は上昇基調だと思いますが、価格の上下動(ボラティリティ)が高いため、定期的な積み立て投資がおすすめ。

イーサリアムの積み立ては、コインチェックビットフライヤーで可能です。

ブロックチェーン、特に既存の金融システムを刷新する可能性を秘めているイーサリアムは、機関投資家たちの注目度も高い銘柄のため、今後の価格動向も要チェックですね。

▼ネットワーク混雑により、手数料となるガス代の変動が激しいイーサリアム。ガス代のチェック方法や実際の金額については、こちらの記事に詳しくまとめています。▼

▼仮想通貨の積み立て投資におすすめの取引所も、合わせてチェックしてみてくださいね▼

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる