【価格上昇期待あり】おすすめのメタバース銘柄5選【買い方も】

おすすめのメタバーストークン

こんにちは!Nori(@fx_nlife)です。

悩む人

メタバースに関連するおすすめの仮想通貨銘柄が知りたいな。

そんな疑問を解消します。

2021年は、Facebook社が社名を「Meta」に変更するニュースもあり、メタバースが盛り上がっていますね!

メタバースとは、「meta」(超越、高次の)と「universe」(宇宙)を組み合わせた造語。オンライン上に構築された、人が活動できる仮想空間のことを指します。

僕も、メタバーストークンとして、$SAND(Sandbox)を仕込んで、5倍以上の値上がり益をとれた過去があります。

今回は、そんなメタバースに関連するおすすめのトークンを紹介していこうと思います!

今から投資しておくと、将来大化けする銘柄が現れるかも….

ということで、さっそく見ていきましょう!

メタバース系コインを使った「稼げるゲーム」を始めるための事前準備は、メタバースの始め方・やり方まとめ【初心者でも簡単】でまとめていますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

▼今ならコインチェックで口座開設をすると
タダで1,500円分のビットコインがもらえる
「キャンペーン」開催中!

コインチェック

まだ口座をお持ちでない方は、
この機会にどうぞ!

>>無料でコインチェックの口座開設をする

目次

おすすめのメタバース銘柄 5選

CoinMarketCap

仮想通貨情報をあつかうコインマーケットキャプでは、カテゴリーごとの仮想通貨ランキングを調べることができます。

カテゴリーには「Metaverse(メタバース)」の項目があるんですね。

この 「Metaverse(メタバース)」 カテゴリーに登録されている、時価総額が上位5位のコイン(2021年12月時点)を紹介していきます。

  1. Decentralanad(MANA)
  2. Axie Infinity(AXS)
  3. The Sandbox(SAND)
  4. THETA(THETA)
  5. Enjin Coin(ENJ)

将来大化けするお宝コインが見つかるかもです。

▼メタバースを始めてみたい方は、【2022年最新】メタバースの始め方・やり方まとめをチェックしてみてくださいね▼

メタバースの市場規模は?

メタバース系トークンの紹介に行く前に、メタバースの市場規模をみていきましょう。

仮想通貨関連企業「GryaScale」のメタバースレポートが非常にまとまっていてわかりやすいです。

出典:grayscale

「Web2.0 Metaverse」というのが、現在メタバース領域(ゲーム関連)を手掛けている企業の時価総額(14.8兆ドル)です。

対して、大企業に依存しないブロックチェーン版Metaverseである「Web3.0 Metaverse」の市場規模の小ささ(300億ドル)が確認できるかと。

つまり、 「Web3.0 Metaverse」 は、まだまだ始まったばかりの市場で、成長余地がめちゃくちゃありますよ、ということなんですね。

ブロックチェーン技術を使ったメタバース系コインの将来性が確認できたところで、時価総額上位のコインをみていきましょう!

Decentraland(MANA)

ブロックチェーンやNFTを活用した仮想空間プラットフォームである「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」

Decentraland 内では、ユーザーは、広大なVR(バーチャルリアリティ)空間を探索したりミニゲームで遊んだりすることができます。

Decentraland 内の土地や商品は、すべてブロックチェーン技術を用いた複製困難なNFTで作られているんですね。

海外では、コカ・コーラとNFTの取り扱いでコラボしていたりします。

日本では、きゃりーぱみゅぱみゅ・中田ヤスタカなどといった日本のトップアーティストを擁するカルチャープロダクション「アソビシステム」が、Decentraland内で「メタトーキョー(MetaTokyo)」を開始。

さらに、ブロックチェーン開発などを行う「ピクセルカンパニーズ株式会社」が「Decentraland」に複合リゾート施設などを建設する「メタ・リゾートTOKYO(仮称)」の開発プロジェクトを発足

出典:coinpost

日本でも活用事例がでてくるなど、メタバースプラットフォームとして知られてきているんですよ。

それに伴い、Decentraland内で使用する独自トークン「$MANA」も上昇。

今後、メタバースプラットフォームとしての地位を確固たるものとすれば、$MANAの価値はメタバースの市場規模とともに上がっていく期待がもてる銘柄です。

Axie Infinity(AXS)

Play to Earn(遊んでお金を稼げる)ゲームとして、2021年に大ヒットした「アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)」。

フィリピンでは、このゲームを収入源にする人が続出したのだとか。

Axie Infinityはゲーム内で仮想通貨を入手できたり、NFTのキャラやアイテムなどを売買することで稼げるゲームなんですね。

この アクシー・インフィニティ内で使用したり、入手できる通貨が「$AXS」。

Axie Infinity 自体は、ゲームが単純ですぐに飽きてしまう….という口コミが多いゲームですw

ですが、「実際にお金が稼げる」ゲームであるため、人気が続く間は、この「AXS」の値上がりが期待できそうですね。

また、 アクシー・インフィニティ の開発チームが優秀なのも期待できる点の1つ。アクシーは、もともとイーサリアムブロックチェーン上のゲームでしたが、イーサリアムのガス代が高い問題を解決するために、現在は独自に開発したイーサリアムのサイドチェーン「Ronin」でゲームが動作しているんですね。

アジアで人気爆発中のゲームなので、今後も 「AXS」 の価格動向に注目です。

The Sandbox(SAND)

SANDは、「The Sandbox」というブロックチェーン上に構築されたゲーム内で使用される仮想通貨です。

このSandboxは、とにかく大手企業のとの提携の話題がすごかった…

独スポーツ用品大手アディダスが、 「The Sandbox」 内の仮想空間上の土地を購入。今後The Sandbox 内でイベントを行うツイートをしたことで、$SANDの価格が急騰するニュースがあったんですよね。

また、Sandboxの出資先には、日本のスクエアエニックスが!将来、ファイナルファンタジーのキャラやアイテムがNFT化されて、Sandboxと連携したら…と考えると、価格の爆上げ期待ありです。

THETA(THETA)

シータ(THETA)は2018年に公開された、動画ストリーミングに関する仮想通貨です。

現在はYoutubeが全盛期ですが、無料会員にとっては、広告が煩わしいですよね。そこで、ブロックチェーン技術を使ってGAFAなど大手企業を介さずに、動画クリエイターや動画視聴者へ利益を還元しようというのがTHETAなんですね。

THETAはさらにこんな特徴があります。

  • 動画プラットフォーム(4K、8K動画)
  • アドバイザーにはYouTubeの共同創設者兼、元最高責任者のSteve Chen氏が参加
  • Youtubeを運営している「Google」やLINEもシータ(THETA)のネットワークと提携

なんだかんだ、ライバルであるYoutube運営の「Google」も連携しているということで、THETAの台頭に脅威を感じているはず。

大手企業との提携を進めているTHETAには今後も期待が持てそうです。

Enjin Coin(ENJ)

Enjin Coin(ENJ)は、オンラインゲームのプラットフォームとして利用されている「Enjin Platform」上で利用できるイーサリアムベースの暗号通貨です。

Enjin Platform の運営会社は、2009年創業のシンガポールの企業「Enjin」が運営しており、なかなか暗号資産の領域では歴史が古い会社です。

エンジンコインには、既存の大企業からもお金が集まっており、マイクロソフトやサムスンといった大企業と提携済み。

また、今回ご紹介したメタバース関連の5銘柄の中で、唯一日本の取引所から買うことができるのがEnjin Coin(ENJ)。

初心者でも買いやすい点がメリットだったりします。

国内で買えないコインは、海外の仮想通貨取引所の口座開設や、MetaMaskを設定したり、、と若干ハードルが上がりますので。

エンジンコインについて将来性あるな…と感じた方は、日本の仮想通貨取引所では、「コインチェック」と「GMOコイン」で取り扱いがあるため、チェックしてみてくださいね。

>>コインチェックで無料口座開設をする

さいごに

おすすめのメタバーストークンを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

メタバースは、ここ数年にわたり確実にマーケットが広がる成長市場。

それに伴い、関連するメタバース銘柄の時価総額も伸びていくはずです。

あとは、将来主流となるメタバースプラットフォームの見極めが必要ですね。

現在時価総額5位以内にいる、「 Decentraland 」と「 Enjin Coin 」は、メタバースプラットフォームとして数年後に伸びている可能性が高い銘柄だと思い、個人的に期待をしています!

みなさんも、気になる銘柄が見つかれば幸いです。

今回ご紹介した銘柄は、全てバイナンスで購入が可能ですよ。

コインチェック
bitFlyer
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴15年のサラリーマン投資家。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資をしています。

これまでの投資と貯金から資産4,000万円到達。

現在は、クリプトやNFTにはまっています。

目次
閉じる