仮想通貨「Covalent($CQT)」の買い方・将来性は?

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

仮想通貨Covalent(コバレント)の$CQTってどんなコインなの?

$CQTの買い方は?

将来性は期待できるのかな?

そんな疑問を解消します。

のり

僕は投資歴15年のサラリーマン投資家です。

これまで投資で得た利益が1000万円を超えました。

2021年は新規発行される草コインのトークンセールにチャレンジしていますが、なかなか当たりません。。

そんな僕がトークンセール情報をチェックしているのが、主にCoinlistから発表される情報です。

coinlistで過去に行われたトークンセールでは、価格が数倍に化けたコインが多々あります。仮想通貨「Flow」に至っては、トークンセール価格の410倍まで高騰!

Coinlistは新規コインの目利きが抜群で、過去売り出したコインは軒並み価格が高騰しました。

今回は、Coinlistが新たにトークンセールを行う「Covalent」について、どんなコインなのか、将来性はあるのか、Covalentの買い方についてまとめていこうと思います。

コインチェック
目次

Covalentとは?

Covalent(コバレント)は、さまざまなブロックチェーン上のノード、チェーン、データなどの数十のソースから情報を集約するAPI(Application Programming Interface)を提供するプロトコルです。

ざっくりいうと、ブロックチェーン上のデータ収集サービスですね。

ビックデータを処理する技術を使って、現在から過去にわたって様々なブロックチェーン上にあるアプリからデータを収集して他のプログラムで活用しやすい「API」の形で提供しています。

以下の公式ページのイメージ図が、なんとな~くCovalentのサービスを理解するためには見やすいと思います。

Covalentは、一番左に位置するブロックチェーン全体にインデックス(しるし)つけて、さらにブロックチェーン上のDeFi系サービスをクラスわけしデータを抽出できるような1つのプログラム(API)としてまとめあげているのが特徴です。

1つのAPIとするとこで、データを活用したいプログラマーは1つ1つのブロックチェーンのコードを理解していなくとも、ブロックチェーン上にあるDeFi系アプリから必要なデータの抽出が可能です。

のり

イメージ的には、自分のウォレットアドレスを入力することで、DeFi系の運用情報(インパーマネントロスなど)をまとめて表示可能な
「YIELDWATCH(イールドウォッチ)」の発展版のサービスといった印象です。

Covalentの将来性は?

7つの異なるブロックチェーンに対応

7つの異なるブロックチェーンに対応し、1つのAPIインターフェースに組みこむことが可能な「データ収集」プロダクトを開発している点は新しいですね。

上述したように、1つのブロックチェーン(例えばBSC(バイナンススマートチェーン))上のDeFiサービスの仮想通貨運用データを一括でまとめて表示するイールドウォッチのようなサービスは存在していました。

しかし、7つもの異なるブロックチェーン上のDeFiサービスデータをまとめてくれるサービスは、これまでなかったですし、あるとめちゃくちゃ使われそうです。

現在は、様々なブロックチェーン上に、多数のDeFiサービスが誕生している状況ですが、異なるブロックチェーン間の情報はやりとりできないんですよね。

マネーフォワードのように、様々な銀行や証券会社、クレジットカードの支払い情報を一元管理できるようなアプリなら仮想通貨投資をしている方にとっては利用価値が高いかと。

各ブロックチェーン上のDeFiの利回りやLPトークンのインパーマネントロスなんかを一元管理して表示させるようなアプリに発展するとめちゃくちゃ需要がありそうです。

Covalentは多数のパートナーと提携

Covalentのパートナー情報です。多彩なパートナーと連携しています。

Covalentはブロックチェーン間の情報をまとめるプロトコルのため、「イーサリアム」や「バイナンススマートチェーン」、「Polkadot」などのブロックチェーン関連チームや、価格情報をまとめる「CoinGecko」や仮想通貨ニュースサイト「COIN TELEGRPH」が名を連ねているのが面白いですね。

ブロックチェーン間の情報収集するデファクトスタンダードの地位を獲得すれば、Covalentの将来性は期待できそうです。

チームメンバーが優秀

Covalentのプロダクト開発チームは、非常に優秀なメンバーがいます。

以下、Coinlistからの引用ですが、経歴だけ見るとめちゃくちゃハイスペックなメンバーです。

CEO兼共同創設者のGaneshSwamiは、トレーニングを受けた物理学者であり、医薬品分野での抗がん剤のアルゴリズムの設計を始めました。彼の最初の会社はNYSEに上場しています。

CTO兼共同創設者のLeviAulは、カナダで最初のビットコイン取引所の1つを構築し、IBMでCouchDBを構築したチームの一員でした。

特に、Covalentのプロダクトは、「データ収集」がメインの機能なので、CTOの職歴にあるIBMでDB(データベース)を構築した経歴を見ると、技術力がありプロダクトに期待がもてそうです。

Coinlistがトークンセールするコインは、上記のようにチームの顔写真や経歴が紹介されているので、「しっかりしたプロダクトっぽいな」という安心材料を与えてくれます。

2017年のICO(イニシャルコインオファリング)では、プロダクトを実際に作っていないのに資金集めをしていたり、上記のように開発者が不明(顔出しなし)という、うさんくさい新興コインが多かったですからね。

Covalent($CQT)の買い方【トークンセール情報】

Coinlistで行われるCovalent($CQT)のトークンセール情報がこちら。

のり

2021年4月29日、日本時間の9時からセールが開始されます!

4月29日は「昭和の日」で祝日となるため、普段平日仕事の方でも参加できる日程ですね!

のり

平日勤務の僕も参加予定です(笑)

coinlistへの登録がまだの方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

$CQTを購入可能な通貨

$CQTは、BTC、ETH、USDC、またはUSDTで購入することができます。

Coinlistのトークンセール直前は、入金制限やSwap(交換)制限がかかることが多いので、事前に購入予定金額分の仮想通貨をCoinlistへ入金しておくことをおすすめします。

仮に入金が遅れた場合でも、トークンセールで購入できる順番に並べれば(購入権利を得れば)、後日入金しても大丈夫なようですよ。

おわりに

「Covalent」の将来性や買い方についてまとてきましたが、いかがでしたでしょうか。

Coinlistでは、2021年はトークンセールラッシュです。

CoinlistでKYC(本人確認)が終わった方のみ送付されるトークンセール情報もあります。

Coinlistから送付されるメールをチェックすると、新規のトークンセール情報が得られますよ。

将来の値上がりを期待し、有望な新規トークンセールにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

のり

僕は、毎回トークンセールに参加しているものの、抽選倍率が高すぎてなかなか当たらないんですよね…

しかし、抽選に勝ち抜き、トークンを購入できれば、トークン価格が買い値よりも上がる確率はめちゃくちゃ高いです。

ただし、新規コインの購入条件によっては、長期間のロック期間(売買できない期間)があるため、将来暴落する可能性もあります。

チャレンジするときは、失ってもいい余裕資金でお願いします!

将来的に、Covalentのバイナンス上場も期待されます。バイナンスの口座開設がまだの方はこちらからどうぞ。

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる