仮想通貨「Clover($CLV)」の買い方・将来性は?【coinlistでトークンセール開催!】

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

仮想通貨Cloverってどんなコインなの?

Cloverの買い方が知りたいな。

将来性は期待できるのかな?

そんな疑問を解消します。

のり

僕は投資歴15年のサラリーマン投資家です。

これまで投資で得た利益が1000万円を超えました。

2021年は新規発行されるコインのトークンセール情報を入手し、参加チャレンジしています。

「Clover」というコインのプレセールがcoinlist(海外の仮想通貨取引所)で開催される予定です。

coinlistで過去に行われたトークンセールでは、価格が数倍に化けたコインが多々あります。仮想通貨「Flow」に至っては、トークンセール価格の410倍まで高騰!

プレセールが行われる「Clover」の将来性や価格、買い方についてまとめていきますね。

Coinlistへの登録がまだの方はこちらからどうぞ。

登録方法は画像を使ってこちらでまとめています。

コインチェック
目次

Clover(クローバー)とは?

Cloverは、Polkadot上に構築されたDeFiサービスプラットフォームです。

Cloverは、異なるブロックチェーン同士を相互につなぐクロスチェーンのインフラを目指したプロジェクト。

Cloverは、韓国を拠点とする仮想通貨取引所から派生したビッサムグローバル(Bithum Global)というチームが開発を手掛けています。

上記のように、中央集権型の仮想通貨取引所がDeFiに繋ぐための独自ブロックチェーンとして作ったのが「Clover」というわけです。

イメージとしては、中央集権型取引所である「バイナンス」がDeFiに繋ぐための独自ブロックチェン「BSC(バイナンス・スマート・チェーン)」を開発したのとほぼ同じ流れのプロジェクトかと。

上記の特徴を持つ「Clover」ですが、似た名前のコインが多くてややこしさがあります。。

注意:クローバーコインとは違います

過去、「詐欺コイン」と話題になった日本発の「クローバーコイン」と、「Clover」は異なるのでご注意ください。

実は、僕も新規コインのプレセールが行われるということで「Clover」について調べていた時、「クローバーコイン」の詐欺情報がGoogleの検索結果にでてきて、「これって詐欺コインなの?」と不安になりました(笑)

「クローバーコイン」とは、2017年に誕生して話題になったマルチ商法の詐欺コイン。強制捜査などが入り、2017年10月には販売を停止しています。

対して、「Clover」は、しっかりとした開発プロジェクトがともなったコインですので、先のことはわかりませんが、まともなプロジェクトの可能性が高いです。

将来性については以下にまとめていきますね。

Cloverの将来性は?

ブロックチェーン間のDeFiサービスが利用可能

「Clover」では、分散型取引所のAMMをはじめ、レンディングや保険など、様々なDapps関連のサービスのサポートを表明しています。

「Clover」はPolkadot基盤のサービスですが、イーサリアムと互換性があるような仕様になっていますので、開発者はイーサリアム上のDeFiサービスを簡単に「Clover」へ移植することが可能なんですね。

さらに、「Clover」は後述する異なるブロックチェーン間のやりとりに対応しているので、様々なブロックチェーン上のDeFiサービスをまとめて利用したり管理できるような特性をもっています。

このように、DeFiサービスのいいとこどりができる特性を利用し、異なるブロックチェーン間のAPY(年利)を比較してレンディング(仮想通貨貸付)サービスができるアプリがでてきたりすると流行りそうだな~と個人的には期待しています。

マルチチェーンに対応したCloverウォレット

「Clover」は、SPVシミュレーション技術を使って、異なるブロックチェーン間の通貨の交換やDeFiサービスへの接続可能なマルチチェーンに対応しています。

なんと、DeFiユーザーは、Cloverウォレットを通じて、Ethereum、Polkadot、Kusama、Binance Smart Chain、Avalanche、Fantom、およびEdgewareブロックチェーンに接続しすることが可能なんですね。

バイナンスが出資している万能ウォレット「Safepal」も異なるブロックチェーン間の通貨のスワップができるため、似たような機能をもっています。

しかし、「Clover」の対応ブロックチェーンの多さを見ると、Safepalより使い勝手がよくなる可能性を秘めているんですね。

のり

僕は、Safepalを愛用していますが、Cloverウォレットの今後にも期待しています。

ガス料金が安い

「Clover」では、基軸通貨「$CLV」でガス料金をカバーする設計となっているため、ガス料金が安くすむそうです。

また、使用頻度に応じて、頻度が高いユーザーの手数料は安くするような仕組みを採用しているとのこと。

現在のイーサリアムでは、通貨の送金など、DeFi系のサービスで通貨を動かす(ワンクリックしてメタマスクが立ち上がる)たびに数千円の手数料がとられてしまうような状態。。

「Clover」を使うことで、安くDeFiサービスを使って仮想通貨の高利回り運用ができそうです。

ガス代がイーサリアムの1/10に設計されバイナンスのBSCは、その手数料の安さからBSC上のDeFiサービスに巨額の資金が集まっています。

「Clover」も同様に資金が集まってくると、その基軸通貨となる「$CLV」の価値向上が期待できるかもしれませんね。

のり

一方、イーサリアムもバージョンアップにより、手数料を安くするアップデートが計画されています。

イーサリアム上で必要となる手数料が安くなった時に、どういうDeFiプラットフォームの勢力図になるかを注視する必要はありますね。

果たしてどうなるか、引き続きウォッチしていきます。

Clover($CLV)の価格

Cloverのガバナンストークンである$CLVの価格は未定です。

CoinMarketCapには価格はアップされていませんが、ICO(Initial Coin Offering)される予定だよ、という表記があり、トークンセールがおこなわれる価格「$0.20」が表示されています。(2021年4月11日時点)

ここでもちょっとした注意点が。。

Coingekoのサイトには、なんと$CLVの価格が表示されているではありませんか!!

まだ売り出していないはずなのに、なぜ??

これは、まったく同名の「Clover(CLV)」の価格です。

のり

これってアリなんですかね?

まったく同名のコインが発行されてしまうってややこしすぎますよね。

判別の方法は、コインのアイコンです。下記アイコンのCloverは、本記事で説明してきたクローバーではないのでご注意くださいね。

Coingekoのサイトにも下記の注意書きが表示されていました!

これは、コインリストでIEOを通過するクローバーファイナンスと同じコインではないことに注意してください。クローバーファイナンスの詳細については、https://coinlist.co/cloverを参照してください。

のり

仮想通貨あるあるかもしれませんが、結構似た名前の草コインって多かったりするんですよね。

僕は、新興コインをさわるときは、よくアイコンで見分けていました。

しかし、同姓同名?のコインには、はじめてお目にかかりましたねw

Clover ($CLV)の買い方【トークンセール開催】

2021年4月20日17:00UTC(日本時間は4月21日2時)にCoinlistで$CLVのトークンセールが行われます。

詳細がこちら。

ロック期間に応じて、購入できる価格が異なります。

当然、ロック期間が長いほうが安い価格で手に入れられますね。

のり

僕は、さすがに1年のロックはちょっとこわいので、ロック期間が40日または6か月の$CLVのトークンセールに参加予定です。

Coinlistで行われるその他、トークンセール

今回ご紹介した「Clover」の他にも、過去以下のようなコインのプレセールがCoinlistで行われています。

記事の中で、Coinlistのプレセールの参加方法やコツについてもまとめていますので、参考にして頂ければ幸いです。

Coinlistのプレセールから、将来のテンバガー銘柄が今後も生まれていく可能性は高いと思います。

みなさんも余裕資金でチャレンジしてみてくださいね!

投資は自己責任でお願いします。

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる