仮想通貨「$XVS」の将来性は?【エアドロップ($VRT)やNFTをGETできます】

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

Venus protocolのガバナンストークン「XVS」は値上がりが期待できるの?

そんな疑問を解消します。

BSC(バイナンス・スマート・チェーン)上のレンディングプロトコル「Venus Protocol」。

そのVenusのガバナンストークン「$XVS」の将来性についてまとめていきますね。

2021年4月28日には、「$XVS」を所有するだけでもらるエアドロップ($VRT)やNFTの発表がありました。

エアドロップの受け取り方法についてもご紹介していきます!

コインチェック
目次

Venus Protcol「$XVS」とは?

$XVS」は、BSC(バイナンス・スマート・チェーン)上のレンディングプロトコル「Venus Protocol」のガバナンストークンです。

Venus上で仮想通貨を貸したり、借りたりすると、$XVSが付与されます。

$XVS自身は、Venusの仕様変更などの意思決定に使われるガバナンストークンとしての役目が主な使い道ですね。

また、$XVS自身をvenus上で貸したり、借りたりして報酬である$XVSを受け取ることができます。

さらに、パンケーキスワップに「XVSーBNB」ペアで流動性を提供し、金利を稼ぐことも可能ですよ。

のり

正直、これまで$XVSはパッとしないトークンでしたが、$VRTのエアドロップ発表後、価格が高騰しています。

Coin Market CapでVenusの価格推移をみると、2021年4月28日のエアドロップの発表があった後、価格が高騰!!

のり

ATH(ALL Time High)更新しており、勢いがすごいです。

僕も、上がってからで迷いましたが、1万1千円くらいで購入してみました!

かなり、入りが遅かったのが悔やまれます。。

▼Venus Protocolをさわったことがない方は、こちらの記事も参考にどうぞ▼

$XVSの将来性は?

バイナンスVisaカードで使用可能

$XVS」は、バイナンスVisaカードで使用可能になります!

実世界でも使える通貨として認知されることになり、期待が高まりますね。

こちらが、公式から発表されたツイートです。

世界中の6000万以上の場所でバイナンスVisaが使えるようになるそうですよ。

さらに、バイナンスVisaで支払った額の8%は「BNB」がキャッシュバックされるとのこと。

残念ながら、日本居住者はバイナンスVisaカードに申し込みできません。

ところで、バイナンスのクレジットカードとの連携なんてすごくない!?と思いますが、XVSの発行元であるVenus.Protocolは、BSC(バイナンス・スマートチェーン)上の主要プロジェクトの位置づけです。

そのため、バイナンスの息がかかっており、バイナンスと連携が強いんですね。

のり

$XVSは、もともとバイナンスのローンチパッド(新規コイン供給)のプロジェクトから配布されたコインでした。

実は、僕も調べるまで知らなかったんですが、いまではBSCのメジャーなDeFiサービスですね。

希少性が高まる

後述する$VRTのエアドロップにより、XVSはバーンされていく計画です。

vensuの担保や貸出による報酬を従来の$XVSから$VRTに切り替えていくことを運営側が狙っているようです。

のり

僕も、理解しきれていないため、もし間違っていたらすいません。。。

なんでも、venusのガバナンスを運営しやすくするために、XVSをむやみにばら撒くのをやめたいようですね。

ばら撒くと投票権(vote)が分散されてしまい、venusの運営内容の変更やアップデートが困難になっていきますからね。

つまり、XVSの供給量が減っていく計画のため、XVSの希少性が高まり価値の向上が期待できるんですね。

エアドロップ($VRT)&NFTをGetする方法

エアドロップ(AIRDROP)

1XVSあたり1,000VRT(Venus Reward Token)がもらえるエアドロップが公式から発表されました!

$VRTの価格がいくらになるのか未知数ですが、上述したようにバイナンスと連携がある銘柄のため、今後のバイナンスへの上場にも期待がもてそうです。

エアドロップの詳細がこちら。

  • エアドロップ対象:XVSを保有 (vXVS(XVSを担保に入れた状態)でもOK)
  • 配布量     :1XVSあたり、1000VRT配布
  • エアドロ配布日 :2021年5月17~ (予想では、日本時間13時頃)

公式情報はこちらから。

「バイナンス」の口座にもっているXVXもエアドロップの対象となりました!

のり

エアドロップの2日前に、バイナンスからエアドロップ対応の発表。

相変わらず、バイナンスはエアドロップの対応を直前に発表しますね。。

注意点として、エアドロップとともに付与されるNFT配布は、バイナンス口座にもっているXVSには付与されず、ウォレットにあるXVSのみに付与されるようです。

NFT

ウォレットに所有している 10XVS あたり 1 個の「VENUS NFT」が付与されます。

この限定版のNFTは、Venus Protocolの記念であり、二度と再造られることがないそうです。

「限定」&記念の「NFT」と聞くと、希少価値がでそうな気がしてしまいますよね(笑)

「VENUS NFT」をGetしたい方は、10XVSを購入して、ウォレットへ入れておきましょう。

NFTは、バイナンス口座に持っているXVSに対しては付与されないようです。

MetaMaskやSafePalなどのご自身のウォレット内に$XVSを入れておくようにしましょう。

MetaMaskの場合は、BSC(バイナンススマートチェーン)の接続設定は忘れずに。

さいごに

Venus Protocolのガバナンストークン「$XVS」は、バイナンスとの強いつながりもあり、将来値上がりが期待できるトークンかな~といった印象です。

今後、Venus Protocolの配布トークンとして置き換わりそうな「$VRT」の価格も要チェックですね。

期待はあれど、バイナンスが規制で刺されるリスクもありますので、投資するとしても余裕資金&自己責任でINしてみてください。

ちなみに、XVSは借りることもできます。

XVSの価格下落リスクなく、エアドロップを受け取る方法はこちらでまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる