【FX少額からの始め方】初心者でも簡単!【5ステップで解説】

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

昨今は老後2,000万円問題が話題になったりと、社会人の方でも、老後資金捻出等、お金の不安から逃れるために投資を考えている方も多いと思います。

かくいう私もその1人(汗)

いろいろな投資対象がある中で、FXはリスクコントロールさえできれば、少ない元手でも効率よく資産を増やすことができることが特徴です。


「FXはリスクが大きくて損をしそうで怖いな」と手を出さずにいる方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

「少額でもリスクが少なくFXができそうかな」というイメージがきっと掴めるはず!

のり

この記事を書いている私は、FX歴10年。
 
10年間、1度も年間を通してマイナスになったことがないため、「損をしない」という考え方については信憑性があると思います!


それでは、さっそく見ていきましょう!

コインチェック
目次

【FX少額での始め方】損をしないための5つのステップ

FXを少額で始めるための5つのステップは以下です。

  1. FXの基礎知識を勉強する
  2. 口座を開設する
  3. 少額で投資をする
  4. 投資結果を検証する
  5. マイルールを固める

①FXの基礎知識を勉強する

まずはじめに、FXの基礎知識を勉強しておきましょう!

FX特有の知っておくべき基本的な5つの用語(以下)は、後ほど説明します。

  • 最大レバレッジ
  • 実行レバレッジ
  • ロスカット
  • スプレッド
  • pips

その他にもFX特有の用語が存在するため、一通りFX会社のホームページでさらっと勉強しておくといいですよ。

https://www.fxbroadnet.com/fx/glossary/

上記用語の他に、FXのチャートを読むための、各種指標を勉強しておくと良いです。

なぜなら、基本的にFXは株と違って、通貨が永遠!?に値上がりするなんてことはありません。

常に上がったり、下がったりの変動を繰り返すものとして考え、チャートによる取引が中心になるとためですね。

まずは、上述した最低限の用語を覚えて、少額資金でFXをしながらチャートの勉強をすると、机上で知識のみ学ぶ場合と比べ、格段に理解が深まりますよ。

▼チャートで覚えるべきは、まずは2つでOKです▼

②口座を開設する

最低限のFX用語の知識を学んだら、さっそくFX口座を解説しましょう。

口座を解説する前に、自分がFXをやるとしたら、PC環境かスマホ環境で取引が多いかをざっくりイメージしておくと良いです。

各社、取引するための、取引画面やアプリの仕様が異なるためですね。

初心者におすすめのFX会社やFX会社の選び方については後述します。

▼FX会社の口座数ランキングは、FX会社を選ぶ際の1つの参考にして頂ければ▼

▼「LINE FX」の始め方はこちらでまとめています▼

③少額で投資をする

初心者の方は、「必ず余裕資金」で少額からFXを始めましょう。

なぜなら、FXに投資をすると、必ずといっていいほど損をする体験をしなければならないからです。

逆に、少額投資のうちに一度、大なり小なりの損失を経験しておくことが良いです。

FXでは、毎回勝てる(想定していた方向へ通貨が動く)ことはありません。その感覚を掴むとが大事です。

始めから、ありったけの資金をつぎこんで、戦略もなしにFXを始めると、大損する確立が高いです。

少額資金でFXを始めることで、大きな利益は期待できませんが、反対に大きな損失も抑えられます。

さらに、少額といえどFXの取引経験が得られることが大きいです。

そのため、まずは少額の資金でFXを始めてみましょう。

④投資結果を検証する

少額資金でFXを始めて、通貨の売買をしてみたら、毎回「うまくいった」、「いかなかった」の投資した結果を検証しましょう。

投資結果を検証することで、次回投資への戦略や、自分なりの投資ルールが掴めてきます。

これをやらないで、たまたまうまくいった結果をひっさげて、額を増やした取引を行うと、必ず大きな損失を出してしまいます。

たまたまという「運」を排除して、勝つ確立をあげていくためにも、取引の結果を必ず考察して次の取引に活かせるようにしていきましょう。

⑤マイルールを固める

何回かFXで少額投資をして、投資結果を検証したら、自分なりの勝率が高く、リスク管理ができるマイルールをつくりましょう。

FXで大事なのは、なんといってもリスク管理

資産をすべて失わなければ、何度でも再チャレンジできますからね。高いレバレッジをかけて、手持ちの資金を飛ばしてしまうのが最もやってはいけないことです。

少額投資でマイルールを固めることができたら、そのマイルールを改良しながら、しばらくは少額投資で勝ちパターンを身に着けれるように投資をしてみましょう。

のり

マイルールで、リスク管理をしつつ、利益を安定的に出せるなと自分が感じたときが、投資金額をあげていく準備が整った段階ですね。

【FX少額での始め方】利益を得る仕組みを理解しよう

スワップ

スワップとは、取引する通貨ペア間(2国間)での金利差のことを言います。

スワップを受け取る条件は、通貨ペアを保持したまま、ニューヨーククローズ時間(午前7時)をまたぐことです。  

※ニューヨークの夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日)の期間は、ニューヨーククローズは午前6時に変更になりますよ

のり

イメージ的には、スワップは外貨預金でして、毎日金利差分が口座に振り込まれます。

 

スワップの仕組みは、ほぼ外貨預金です。

外貨預金をするなら、FXを強くおすすめします!

FXでレバレッジをかけなければ(レバレッジ1倍の状態)、外貨預金となんら変わりません。

 

外貨預金と比較した場合のFXのメリットが通貨ペア間のスプレッドの低さです。

FXは、外貨預金に比べ、通貨ペア間のスプレッド差(ある時刻における売値と買値と値差)が小さいです。

例えば、外貨預金は通貨を買うのにスプレッドが大きいことに加え、手数料がかかるので、外貨に替えた瞬間に損をします。

FXも同様ですが、スプレッド差が外貨預金と比べて圧倒的に小さく、手数料がかららない会社が多いのでメリットが大きいですよ。

為替差益

外国の通貨を売買し、為替レートの変動を利用して利益を出すのが「為替差益」です。

例えば、1ドル90円のときに円を売って1ドル買ったとします。そして1ドル100円のときに購入したドルを売って円を買い戻すと、10円の利益(100-90)が得られます。

一言でいうと、通貨の価値が安いときに買って、高いときに売って利益を上げる方法といえます。

このように、為替レートの変動の差を利用して利益を上げる手法が「為替差益」です。

【FX少額での始め方】基本用語を理解しよう

最低限知っておくべき、FXの基本用語について解説します。

最大レバレッジ

レバレッジとは、自分の資金を担保に、手持ち資金以上の取引を行うことです。  

国内のFX会社では、最大25倍のレバレッジが可能です。(4万円の資金で100万円の取引が可能)

過去は100倍のレバレッジが可能!なんて時代もあったのですが、金融庁の規制により最大25倍までとされています。「最大」とあるように、個人の口座の設定で、レバレッジを何倍までに設定するかを選べる場合もあります。

 

▼FX会社各社のレバレッジと必要証拠金の関係は、こちらでまとめています▼

実行レバレッジ

実行レバレッジとは、実質の運用レバレッジのことです。

今現在、自分が預けている資産に評価損益を加味した金額に対して、何倍の取引をしているかを表わしています。

といっても、よくわかりませんよね。。

最大レバレッジとの比較で考えてみてください。

FX口座に4万円のお金を入れて100万円分の取引(ex.4万円のお金を使って、1レート1$=100円のドルを10万通貨取引) が、最大レバレッジの25倍で取引している状態です。

一方、「FX口座に10万円のお金を入れて100万円分の取引をしている場合」は、レバレッジ10倍。

この10倍のレバレッジのことを、実行レバレッジと呼びます。

ロスカット

ロスカットとは、一定の損失が発生した際に、さらに損失が拡大しないように強制的に取引を終了させる仕組みです。

予期せぬ相場急変による損失リスクを軽減する目的で設けられています。 

ロスカットは、損失リスクを軽減する仕組みなんですが、このロスカット基準がFX会社ごとに異なるため、ロスカット基準をよく理解しておかないと、自分の意図しない金額で損切りされてしまう場合があります。

自分が口座を開くFX会社のロスカット基準を、十分理解しておくことがめちゃくちゃ重要です。

スプレッド

出典:外為どっとコム

スプレッドは、通貨の売値と買値の差のことです。

上記のドル/円の取引例では、スプレッドは0.002円。1銭は0.01円のため、0.2銭のスプレッドがある状態です。

スプレッドは取引する通貨ペアによって異なりますし、取引会社によっても変わります。FXで利益を出すためには、この差が小さければ利益を出しやすくなるため、FX会社選びの基準になりますよ。

pips

pipsは、一言でいえば上記で説明したスプレッドのことです。

TwitterでFXの情報収集をしていると、pipsによって利益表現をされている方が多いです。

詳細はこちらでまとめました。

【FX少額での始め方】1000通貨単位で取引できるFX会社をまとめ

少額でFXが可能な、おすすめのFX会社を4つピックアップ!

おすすめする基準は以下3つです。

  1. 1000通貨単位(小額)で取引可能か
  2. スプレッド差が小さい(ドル円のスプレッド差が0.2銭以下)か
  3. スマホアプリが使いやすいか


上記の基準を満たす、おすすめのFX会社がこちら。

  • みんなのFX(トレイダーズ証券)
  • LION FX (ヒロセ通商)
  • 外為どっとコム
  • YJFX (*記事作成中です)

みんなのFX

トレイダーズ証券が運営するみんなのFXは、1,000通貨単位から取引でき、スプレッドも米ドル/円0.2銭で取引可能です。

口コミをみると、スマホ用アプリのチャート表示が見やすいという意見が多数あります。

スマホトレードを中心に考えている方であれば、使いやすいFX会社だと思います。

のり

ここではあげませんでしたが、SBI FXトレードという会社は、「最小取引単位として1通貨」から取引可能です。

極少額のお金をかけたトレード経験をつみたい方は、こちらもありかもしれませんね。

LION FX(ヒロセ通商)

2004年創業のヒロセ通商が運営するLION FXは、1,000通貨単位から取引でき、スプレッドも米ドル/円0.2銭で取引可能です。

取り扱う通貨ペアは脅威の50種。業界トップクラスの水準の通貨数を扱っています。

スワップ金利が狙える以下通貨を扱っており、スワップ派にとっては扱える通貨ペアが多いです。

  • トルコリラ/円 (スワップ10円)
  • メキシコペソ/円 (スワップ70円)
  • 南ランド/円 (スワップ60円)

*2021年1月5日実績情報

各種比較サイトによる口コミでも高評価を受けているFX会社ですよ。

▼取引高キャンペーンで最大10万円キャッシュバック中です。▼

各FX会社の特徴は、一部まとめ中ですので少々おまちください。

外為どっとコム

外為どっとコムは、”みんかぶ”というサイトのFX年間ランキング「人気」部門で1位を獲得した会社です。

FX取引は1,000通貨単位からOKです。

ユーザーからの評価が高いため、初心者には安心感があると思います。

また、2002年創業とFX会社としては老舗の部類。

ホームページには、初心者向けのFX解説が豊富です。

のり

高額のキャッシュバックキャンペーンが頻度高く開催されているので、キャッシュバック狙いの口座開設もありです。

▼口座開設・維持費無料!▼

【FX少額での始め方】まとめ

少額資金でFXをするための始め方についてまとめました。

ご紹介した、少額でFXを始めるための5つのステップがこちら。

  1. FXの基礎知識を勉強する
  2. 口座を開設する
  3. 少額で投資をする
  4. 投資結果を検証する
  5. マイルールを固める

まずは、少額からFX取引をはじめ、失敗しつつ自分なりのマイルールを固めていくのが、10年間、年間で損失を出さなかった私が考える最良のFXの始め方です。

FXを始めてみようかなと考えている方は、まずはリスクが少ない少額からの取引にチャレンジしてみましょう!

今後も読んでくださる方にわかりやすいように、情報や図をアップデートしていきます。

以上、少額でのFXの始め方でした!

▼おすすめのFX会社はこちらでまとめています▼

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる