FX取引の1pipsとは?【FX特有の取引単位です】

FX 1pipsとは

こんにちは!Nori(@fx_nlife)です。

悩む人

FX関連の利益報告としてよく見かける「pips」ってなんなんだろう?

そんな疑問に答えます。

Nori

僕は、FX歴10年のサラリーマン投資家です。

とはいえ、「pips」については、わりと最近まで知りませんでした(笑)

今回は、FXの取引をしていくと、よく見ることになる「pips」とは何なのか、についてご説明していきます。

▼今ならコインチェックで口座開設をすると
タダで1,500円分のビットコインがもらえる
「キャンペーン」開催中!

コインチェック

まだ口座をお持ちでない方は、
この機会にどうぞ!

>>無料でコインチェックの口座開設をする

目次

FX取引で見かける「1pips」とは

「pips(ピップス)」とは、「percentage in point」の略で、通貨の共通単位としてFXで使用されている基本用語です。

どうして、pipsなんていう表現が用いられるかというと、様々な通貨単位がある中で、共通した単位で変動幅を表現する手法としてpipsが用いられているようです。

株など、他の投資ではみかけないのですが、FXでは、各社の取引画面なので、当然のごとく(知っているでしょ!?的な感じ)で「pips」という表現がでてきます。

TwitterでFX関連の情報収集をしていると、FX投資家たちは、利益金額ではなくpips(ピップス)をどれだけ稼いだかをつぶやいている方が多いですね。

例えば、各通貨ペアのトレード画面でみると、下2桁目の部分ですね。

スプレッドを表す単位としてのpips

スプレッドを表す単位としてもpipsが使われます。

上記の米ドル/円の場合だと、スプレッドは0.1pips(0.1銭)です。

利益を表す単位としてのpips

FXトレードの利益や損失を表現する場合には、「FX利益として、10pipsゲット!」のような感じで使われます。

この表現が意味することとしては、例えば米ドル/円の取引の場合は、100.00円(買い)⇛100.10(売り)で利益を得たことを言います。

米ドルを10,000ドル分買っていたとすると、10pipsで100円(10,000(ドル)✕10(pips)✕0.01(円))=1,000円の利益です。

米ドル/円の場合は、1pip=0.01円(1銭)です。

上記の例では、「米ドルを10,000ドル買った場合」についてご説明しましたが、pipsは値幅を意味しているため、購入金額によって、利益額が変わってくるんですね。

まとめ

pipsについて理解できましたでしょうか?

FX投資をやる際は、「pips」を理解して取引に望みましょう!

コインチェック
bitFlyer
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴15年のサラリーマン投資家。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資をしています。

これまでの投資と貯金から資産4,000万円到達。

現在は、クリプトやNFTにはまっています。

目次
閉じる