IOSTエアドロップ「Donnieトークン」を受け取る方法【バイナンスが対応発表!!】

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

IOSTがエアドロップを行うって発表があったけど、どうやってエアドロップで発行されたトークンを受け取ればいいの?

そんな疑問を解消します。

のり

僕は投資歴15年のサラリーマン投資家。

これまで投資で得た利益が1,000万円を超えました。

2020年から暗号資産運用をスタートし、IOSTは70万ほど保有しています。

仮想通貨のエアドロップの受け取り方法は、ほとんどが同じような手順です。

そのため、以下の内容(IOSTのエアドロップ、Donnieトークンを受け取る方法)は、他のコインの場合も同じように使えますよ!

今回、IOSTで実施予定のトークン配布イベント「Summer Airdrop」に対して、コインチェックは対応しない方針を示しました。

一方、国内では「オーケーコイン・ジャパン」 がIOSTのエアドロップ対応を発表

海外では、仮想通貨取引所大手「バイナンス」が対応を発表しています。

今回は、IOSTのエアドロップを受け取る方法をまとめましたので、エアドロップをもれなく受け取りたいぜって方の参考になれば幸いです!

IOSTが購入できるのは国内だと「Coincheck」と「OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)」のみです。IOSTを購入したい方は、口座開設を検討してみてくださいね。

コインチェック
目次

IOSTのエアドロップの内容は?

2021年9月30日(木曜日)17時以降のIOST保有者に対して、Donnieトークン ($ DON)がエアドロップされると公式発表がありました。

エアドロップとは. 通貨の知名度向上などを目的として、無料で暗号資産(仮想通貨)が配布されるイベントです。

IOST保有者にとってはサプライズニュースですね!!このエアドロップ付与の発表もあり、IOSTの価格は爆上げ中

エアドロップイベントの詳細

エアドロップの詳細がこちら。

項目内容
エアドロップされる暗号資産Donnieトークン / DON
トークン(DON)のエアドロップ量21年2月25日:DON通貨量の5%
21年9月30日:DON通貨量の5%
⇒合計で10%のエアドロップ
エアドロップ資格条件21年9月30日(木)17時(日本時間)時点でエアドロップに参加表明した対象の取引所でIOSTを保有すること

「DON」は「DonnieFinance」がIOSTメインネット上で発行しているトークン。

「DonnieFinance」は、IOST上に構築されたトップのDeFi系アプリ(Dapps)なんですよね。

のり

IOSTプラットフォームが盛り上がってくると、「DON」の価格上昇にも期待ができそうですね!

「DON」は韓国の暗号資産取引所に上場済みのトークンです。

Coincheckではエアドロップが受け取れません。

coincheck

国内でIOSTを扱っているCoincheckは、IOST保有者へのエアドロップに対応しない方針を発表しました。

Coincheckユーザーの方は、メールにお知らせが届いていましたね。

Coincheckからのお知らせ

本エアドロップでは、スナップショット時点で参加を表明した暗号資産取引業者を介して実施されるとされていますが、現時点においてDONの流動性および技術的安全性等が当社の定める基準を満たしていることが確認できていないため、当社は本エアドロップに参加しない方針です。
のり

残念ではありますが、過去の「QTUMコイン」保有者へのエアドロップのときも、対応しない方針でした。

なので、「やっぱりか….」と予想通りの展開。

しかし、Coincheckからのお知らせには「エアドロップされたトークンを受け取りたい場合、お客様自身でご対応を…..」とありますが、「具体的に何やればいいの?」となりますよね。

どうすればいいかというと、「コインチェックにあるIOSTを、エアドロップ対応を表明した取引所に送金して、送金先の取引所でエアドロップされたトークンを受け取る」必要があるんですね。

では、IOSTのエアドロップ対応を表明した取引所はというと、、

IOSTのエアドロップ対応を表明した取引所

2021年2月25日に行われた、第一回のIOSTのエアドロップでは、以下の取引所が対応を発表しました。

エアドロ対応を発表した取引所の中には、日本人に人気のBainance(バイナンス)も含まれています。

日本人の方でも利用者が多い海外大手取引所「バイナンス」が、一番IOSTを送金しやすいかなと思います。

追記:国内では「オーケーコイン・ジャパン」 がIOSTのエアドロップ対応を表明しています。

のり

僕は「Coinchek」から「バイナンス」へIOSTを送金して、エアドロップを受け取る予定です!

IOSTのエアドロップを受け取る方法

以下、過去の事例です。今回も同様の手順になるはずです。

エアドロップを受け取る方法

Donnieトークンをエアドロップで受け取る条件は、1IOST以上をバイナンスの口座においていること。

口座にIOSTをおいておくだけなので、簡単な参加条件ですね。

具体的には、エアドロップの期日までに、CoincheckからバイナンスへIOSTを送金しておけば、エアドロップを受け取ることができます。

▼CoincheckからバイナンスへIOSTを送金する方法は、こちらの記事にまとめましたので、チェックしてみてくださいね▼

みなさんもCoincheckの口座にIOSTをお持ちであれば、バイナンスへの送金を検討してみてください!

バイナンスの口座をお持ちでない方はバイナンス公式ホームページから登録をどうぞ。

IOSTの入金時間の締め切りが、エアドロップのスナップショット時間より早いのでご注意くださいね。

IOSTをガチホ予定の方は「ステーキング」がおすすめ

ステーキングとは、仮想通貨を預け入れることで、預けた仮想通貨に対して金利を得ることができるサービスです。

銀行の定期預金を想像してもらうとイメージしやすいかと。

バイナンスのステーキングサービスは、高利回り(年利5%以上)のため、今後もIOSTをガチホしようかなという方には、とてもオススメ。

のり

実は、僕もバイナンスでIOSTをステーキングしている最中です。

また、バイナンスで「ステーキング」しているIOSTも、今回のエアドロップ対象としてカウントされるようです。

のり

IOSTのステーキングをされている方には朗報ですね!

スナップショットには、スポットウォレット、マージン、普通預金、およびステーキングアカウントのIOST残高が含まれますが、USDTマージン先物ウォレットは除外されます。未分配のIOST利息の支払いは含まれません。

バイナンスの発表より

過去行われた Donnieトークン エアドロップの結果

僕は、第一回のエアドロップの時(2021年3月)は、IOSTを「Coinchek」から「バイナンス」へ送金してエアドロップの日時を迎えました。

その後、バイナンスの口座に「 Donnieトークン 」が反映されていることを確認できましたよ。

今回の、「Summer Airdrop」も同じ流れになると思いますので、以下参考にどうぞ。

Donnieトークン のスナップショット後、2021年3月12日の時点で、バイナンスの取引口座にIOSTのドニートークン(DON)が反映されています!!

IOSTをお持ちの方はチェックしてみてくださいね。

 

IOSTが購入できるのは国内だと「Coincheck」と「オーケーコイン・ジャパン」のみです。IOSTを購入したい方は、口座開設を検討してみてくださいね。

コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる