ビットコインでレバレッジがかけられる【ビットコインFX】とは?

こんにちは!のり(@fx_nlife)です。

悩む人

「ビットコイン」と「ビットコインFX」ってなにが違うの?
 
レバレッジがかけられるって聞いたけど、何倍までかけられるの?

そんな疑問について解説します。

のり

仮想通貨を取引しようかな、というときにでてくる「ビットコインFX」という言葉。

「えっ、ビットコインの取引と何が違うの?」、「米ドルなど通貨を売買する為替FXと何が違うの?」と、はじめて「ビットコインFX」の言葉を知った時に、昔の僕はよくわからずパニック状態でした。

そんな「ビットコインFX」と通常の「ビットコイン取引」の違いについて解説していきます。

コインチェック
目次

ビットコインのレバレッジ取引が可能【ビットコインFXとは】

通常の「ビットコイン取引」と「ビットコインFX」の違いのまとめがこちら。

ビットコイン取引(現物取引)ビットコインFX(FX取引)
資金自己資金の範囲内で取引自己資金以上の取引が可能
売買買いから入る買いからも、売りからも入れる

ビットコインFXは、要は現物のやりとりがなく、注文(買い/売り)のやり取りだけの売買方式のため、自己資金の何倍ものお金でビットコインの取引ができますよ~。というのが「ビットコインFX」です。

株の取引きも、現物のやりとりがないじゃないか、と思われるかもしれませんが、株の場合「有価証券」の受け渡しが実際は行われているんですね。

「ビットコインFX」の特徴についてもう少し詳細に見ていきましょう。

少額資金で大きな取引ができる

ビットコインFXでは、自己資金の何倍もの金額の取引ができるレバレッジが可能。

レバレッジ 「テコの原理」。小さな力でも大きなものを動かせること。

資金効率を上げて、ビットコインを取引することが可能なんですね。

つまり、大きな利益が狙えます。

一方、大きな損失を被るリスクもある点は十分注意しましょう。

「売り」からはいれる

ビットコインFXでは、ビットコインの目先の下落を予測し、「売り」から入ることができます。

ビットコインを保有していない状態でも、「売り」から入り、利益を狙えます。

つまり、上げ相場だけでなく、下げ相場でも利益が狙えるのが「ビットコインFX」です。

レバレッジに手数料がかかる

ビットコインFXは、レバレッジをかけた建て玉に対して手数料がかかります。

この手数料は、仮想通貨取引所では「スワップポイント」と呼ばれています。為替FXに慣れている方は、「スワップポイント」と聞くと毎日利益が得られるイメージがあると思いますが、仮想通貨の場合は「手数料」です。

ビットコインの取引自体は無料な仮想通貨取引所が多いですが、レバレッジをかけた建て玉を日をまたいで持ち越すと、1日ごとに手数料(スワップポイント)が発生してしまいます。

以下の仮想通貨取引所では、建玉金額の0.04%をレバレッジ手数料としています。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • GMOコイン

レバレッジ手数料を1日あたり建玉金額の0.04%とする仮想通貨取引所が多いです。例えば、100万円分のビットコインをレバレッジをかけて取引きしているとすると、1日あたり400円(1万円×0.0004)かかります。

このようにビットコインFXは1日ごとに手数料が発生するため、レバレッジをかけた長期投資はおすすめしません。

取引する仮想通貨取引所の手数料はよくチェックしておきましょう。

のり

僕が馴染みのある為替FXの場合は、レバレッジに対する手数料は、かからないのが普通なため面食らいました(笑)

「ビットコインFX」と「為替FX」の違いとは?

一言でいえば、「ビットコインFX」は投資対象がビットコイン(仮想通貨)、「為替FX」は投資対象が米ドルなどの各国通貨です。

こちらに違いをまとめました。

為替FXビットコインFX
投資対象ドルやユーロなどの法定通貨仮想通貨
口座開設先証券会社で口座開設仮想通貨取引所で口座開設
取引時間平日と祝日の24時間(土日は休日)365日24時間

また、「ビットコインFX」は、1年中休みなく取引できることが「為替FX」との大きな違いですね。

ビットコインFXのレバレッジは何倍?

ビットコインFXのレバレッジは最大2倍までです。

ただし、これは国内の仮想通貨取引所の場合。

海外の仮想通貨取引所では、為替FXと同じ25倍や100倍なんてレバレッジをかけられる取引所もあります。

国内の主要な仮想通貨の取引所では、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が制定する自主規制規則およびガイドラインに基づき、最大4倍までのレバレッジ取引の倍率が設定されています。

なので、国内の「ガイドライン」に従っている仮想通貨取引所は、レバレッジを2倍までとしていますよ。

のり

ビットコインFXにより、レバレッジをかけることができますが、まずはレバレッジをかけない現物取引がおすすめ。
 
なぜなら、ビットコインは「50%下落」といった値動きが非常に激しいので、レバレッジをかけたときのリスク管理が大変なためです。

ビットコインの購入を検討されている方は、まずは現物取引から入って、仮想通貨の売買に慣れていくことをおすすめします。

コインチェックのビットコインFXについて

国内のメジャー仮想通貨取引所であるコインチェック(coincheck)は、ビットコインFX、つまりレバレッジ取引を終了しています。

Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。

このように、レバレッジ取引を途中で終了してしまう仮想通貨取引所もあるため、お使いの仮想通貨取引所の情報は定期的にチェックが必要ですね。

まとめ

ビットコインFXは、自己資金の何倍もの取引が可能なレバレッジがかけられるビットコインの購入手法です。

多額のお金で取引ができるため、大きな利益が狙える反面、大きなリスクもあります。

ビットコインFXを始める際は、仮想通貨取引所の最大レバレッジを事前に確認しておきましょう。

無理にレバレッジをかけずに、リスク管理に重点をおいて取引に慣れていきましょう!

コインチェック
bitFlyer
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資歴15年の会社員です。

45歳までにセミリタイヤ(FIRE)を目指して投資にはげんでいます。

これまでの投資から、Totalで1,000万円の利益を達成。

その他のお金は会社員としてコツコツ貯金したものが中心の堅実派。

現在は、仮想通貨を資産ポートフォリオに入れて、DeFiで高利回り運用中。

仮想通貨やFX初心者の方に、リスク管理をしながら投資をするための情報を発信しています。

※投資は必ず「余裕資金」で行いましょう!

目次
閉じる